三岸好太郎の絵画買取

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

三岸好太郎の買取相場

品名 買取相場
三岸好太郎 道化 油彩 380,000円
三岸好太郎 草上野狗 6号 鑑定シール 385,000円
三岸好太郎 ピエロ 油彩 三岸黄太郎鑑定書 127,000円
三岸好太郎 オーケストラ デッサン 素描 額装 120,000円
三岸好太郎 花と貝殻 油彩画 120,000円
三岸好太郎 静物 油彩画 57,000円
三岸好太郎 人物画 油彩 68,000円
三岸好太郎 道化 子供 油彩 38,000円

三岸好太郎の買取実績

*掲載価格は実際の買取価格を保証するものではありません。
品物の状態や市場相場により価格が変動いたしますので予めご了承ください。

こんなお悩みございませんか?

  • 遺品の古い三岸好太郎を処分したい
  • 所有している三岸好太郎が幾らくらいで売れるかどうか査定してほしい
  • 亡母が集めていた三岸好太郎の買取相場が知りたい
  • コレクションしていた三岸好太郎を、まとめて売りたい

ご安心ください!
三岸好太郎買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!
創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

三岸好太郎を高く売る方法

三岸好太郎を高価買取するには、買取店の得意な分野を把握し、
適正価格を提示してくれる店を探しましょう。

高く売る方法

三岸好太郎作品の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

福助
福助
三岸好太郎作品を高く売却するポイントは、まずは、絵画が偽物か本物かを、見極めることが重要となります。それにより、査定額がかなり異なってくるからです。

素人では鑑定が難しいため、絵画・美術品の専門家による査定が必要です。

三岸好太郎作品の価値を理解している買取業者や、鑑定書なしでも適正価格を提示できる目利きのプロ鑑定士に査定を依頼しましょう。


作者の落款の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

福助
福助
三岸好太郎作品を売却する際は、作品の保存状態も重要ですが、付属品のコンディションや有無も大きなポイントとなります。

付属品とは、絵画が入っていた箱、額縁、黄袋、鑑定書です。付属品によって、真贋を見分ける材料にもなりますので、手元にある場合は一緒に査定に出しましょう。

また、査定額は、絵画本体だけでなく、額縁などの付属品を含めたトータルで提示されます。


評判の良い三岸好太郎買取店数社で見積もりをとって査定額を比較することをオススメ

福助
福助
同じ三岸好太郎の作品であっても、買取店や買取業者によって査定額が変わります。

それは、販売ルートなどがそれぞれ異なるため、独自の買取価格を提示するからです。

三岸好太郎の作品を高く買取してもらいたい場合は、三岸好太郎の作品を売却している複数の買取店に見積もりを依頼しましょう。

査定額を比較することで、三岸好太郎作品の平均とする買取価格や、高価買取してくれるお店がわかります。


信頼できる三岸好太郎買取業者の選び方

画家三岸好太郎作品の信頼できる買取業者は、
鑑定実績が豊富、無料査定、便利な出張査定があるところです。

信頼できる買取業者の選び方

査定は無料のお店を選びましょう

福助
福助
三岸好太郎の絵画を高く売却したい場合、まずは鑑定料や査定料などを請求されるのかを、事前に確認しておくことです。

また、三岸好太郎画集や洋画など、まとめて買取して欲しい場合は、便利な出張買取を利用すると良いでしょう。

特に絵画は、持ち運びの際に傷をつけてしまうなどのリスクがあるため、自宅で査定してもらったほうが安心です。

利用する際は、出張料などが実費になるのかどうかも確認してから、買取依頼しましょう。


三岸好太郎の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

福助
福助
三岸好太郎の絵画等を高価買取するには、三岸好太郎作品の買取実績が、豊富な買取業者に依頼しましょう。

買取実績が豊富なところは、作品の価値を理解し、美術品の知識豊富な鑑定士が、適正な価格で買取してくれます。

買取実績は、買取店の公式HPで、三岸好太郎の作品がどれだけあるのか確認しましょう。


創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

三岸好太郎について

三岸好太郎(みぎし こうたろう 1903-1934年)は、北海道札幌市に生まれた洋画家です。異父兄には「新選組異聞」などをあらわした小説家、子母澤寛がいます。転校を繰り返していた好太郎が絵画に興味をいだいたのは、中学生の頃でした。油絵にまず心を惹かれ、中学の美術クラブ「霞会」に入会、当時図画教師をしていた林竹治郎に師事します。修学旅行で喫煙して停学を命じられるやんちゃな面もありましたが、好太郎の描いた絵画は、「霞会」や札幌初の公募展である「北斗雅会美術展」に次々と入選を果たしました。ちなみに「霞会」で師事した竹治郎は画家としてだけでなく、ハンセン病患者のためにはたらいた医師、林文雄の父としても知られています。図画教師を引退してからは、個展の売上金を寄付するなど、息子と同様にハンセン病患者を励ました存在でした。
好太郎の画風は、当初アンリ・ルソーを彷彿とさせる素朴さからスタートしました。そこから東洋趣味に、さらに中国旅行で得たエキゾチックな雰囲気をまとったものに、さらに前衛主義的なシュルレアリスムにと次々変化していきます。代表作は「檸檬持てる少女」、「赤い肩かけの婦人像」、「マリオネット」、「コンポジション」、「のんびり貝」などで、それらを並べると画風の変遷をみることができます。創作を「主観的感情の表現」と位置づけ、絵画作品だけでなく散文詩もあらわしました。なお死後75年の経過した2009年に、晩年描いたとされる未発表作品が見つかっています。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定