南薫造の買取

南薫造:温和でおだやかな構図を明快な色彩で描いた画家

南薫造(みなみくんぞう)は、大正・昭和期に活躍した洋画家です。

広島県に生まれ、上京して東京美術学校(東京芸大の前身)の西洋画科を卒業しました。卒業後すぐにイギリスに絵画修行のため留学し、ボロー・ジヨンソンに師事。のちイギリスからフランスへ移り、イタリアなどをまわって帰国した後、有島生馬(ありしまいくま)との滞欧記念展を、白馬会の主催で開きました。

以後は、第四回文展に「坐せる女」を出品して3等賞を受賞、第五回文展に「瓦焼き」を、第七回文展に「春さき」を出品、第九回文展に出品した「葡萄棚」とあわせていずれも2等賞を受賞するなど、次第に画壇での存在感を増していきました。

後進の指導に熱心で、東京工業大学の講師や東京美術学校の教授をつとめました。また石井柏亭(いしいはくてい)らと日本水彩画会を創立、のち光風会にも参加しました。1944年(昭和19年)に帝室技芸員に任命、帝国芸術院会員にも選ばれました。

南薫造の作風は、明るい温和さが特徴です。代表作の「少女」にあるように、日本の自然のおだやかさ、やさしさをくみ取り、清新な画風で描写しました。見る人の気持ちに静かに染み入ってくるような温和さに人気があり、骨董界でも評価が下がらない画家です。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談