宮崎一石 買取

宮崎一石の買取・査定実績

こんなお悩みございませんか?

  • 遺品の古い宮崎一石を処分したい
  • 所有している宮崎一石が幾らくらいで売れるかどうか査定してほしい
  • 亡母が集めていた宮崎一石の買取相場が知りたい
  • コレクションしていた宮崎一石を、まとめて売りたい

ご安心ください!
宮崎一石買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

「こんな質問や相談をしても大丈夫?」と悩む前に、まずはお電話ください。

0120-777-064電話をかける
お問合せ

宮崎一石を高く売る方法

宮崎一石の盆器を売却しようと思うなら、
盆栽についての知識が深い目利き買取業者に査定を頼みましょう。

高く売る方法

宮崎一石の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

福助
福助
宮崎一石(みやざきいっせき)は、赤絵小鉢の逸品を数多くのこした盆器作家です。はじめは洋画家の米良道博にまなび、茶器や花器の制作から盆栽小鉢の世界へ移りました。

独学で学んだ小鉢は五彩や染付、赤絵など華麗な絵付けが特徴。特に山水画が高く評価されており、買取相場は今も非常に高額です。

お手元に宮崎一石の作品がある場合は、盆栽用品をよく知る目利き鑑定士に売却相談をしましょう。買取価格の高い作家です。


作者の署名の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

福助
福助
貴重な宮崎一石の盆器の査定では、収納用の桐箱や鑑定書、保証書も一緒に出しましょう。宮崎一石の作品はとても人気があり、鑑定額が高いアイテムです。

鑑定士は作品を見て、価値を見極めたうえで買取価格を決めます。そのときに作家の署名や落款が付いている箱や鑑定書があれば、真贋判定の助けになるのです。

正確な査定や高価買取を希望するなら、付属品をそろえて作品と一緒に査定してもらいましょう。


評判の良い宮崎一石の買取店数社で見積もりをとって査定額を比較することをオススメ

福助
福助
宮崎一石の作品を売却するときは評判のいい、複数の買取店から見積もりを取りましょう。盆栽鉢として非常に高い価値のある一石の作品ですが、買取店によって査定額がかわります。

高価買取のタイミングもありますし、盆栽愛好家のなかでの一石の人気も影響するでしょう。最新の買取価格は、見積もりを取ってみればすぐにわかります。

売却する前に無料査定で見積もりを取り、大事な作品を高く買ってくれる店に売りましょう。


信頼できる宮崎一石の買取業者の選び方

信頼できる宮崎一石の買取業者を見つけたいなら、
無料鑑定・過去の買取実績の2点から選びましょう。

信頼できる買取業者の選び方

査定は無料のお店を選びましょう

福助
福助
買取相場の高い盆栽小鉢は、無料鑑定ができる買取店に依頼しましょう。できれば店頭査定だけでなく、出張買取でも無料鑑定をおこなっている買取店を見つけるのがおすすめ。

宮崎一石の盆器は高額査定される貴重なものです。買取店まで持参するあいだに破損するリスクは避けたいですし、複数の盆栽小鉢の査定を依頼したいなら出張買取がいいでしょう。

東京の24区内や横浜へは無料で出張してくれる買取店もあります。


宮崎一石の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

福助
福助
宮崎一石はネットオークションでも人気の作家です。染付の絵鉢を持っているなら、一石の買取実績が多い業者に査定をしてもらいましょう。

盆栽関係に強い業者は、自社ホームページに画像付きで品物をアップしています。紹介されている品が多いほど、たくさんの顧客から良好に買取をできたという証拠です。

またネットでは買取店の評判も見られます。評価の高い買取店に相談すれば、安心して宮崎一石の作品を売却できるでしょう。



0120-777-064電話をかける
お問合せ

宮崎一石 買取の高価買取なら東京大田区の福助にご依頼ください。

鑑定歴20年以上の確かな実績で相場を熟知した鑑定士が、お客様の大切な宮崎一石 買取の価値を査定いたします。

福助では、幅広いジャンルの美術骨董品の買取・査定が可能です。作家や価値の分からない作品の査定や、不要な絵画・掛軸などの処分・売却をお考えなら、無料の出張・宅配買取にも対応しておりますのでお気軽にお問い合わせください。

宮崎一石について

宮崎一石(みやざきいっせき)は、昭和時代に活躍した盆栽小鉢の作家です。洋画家の米良道博に絵を学び、のちに陶芸の世界に入りました。昭和30年ごろから水石の台座づくりをはじめたことから、先に水石の世界で名を知られており、のちに茶器や花器の制作も開始。昭和40年ごろからは盆栽小鉢も手掛けるようになりました。盆栽小鉢は独学で制作方法を模索し、タタラづくりの角物に五彩、染付、赤絵を描いた作品に人気があります。素地は出石長石、信楽土をよく用いました。
作品の中では山水画が特に高い評価を得ています。洋画を学んだ基礎を生かし、線描には流麗さがあって上品。小鉢のなかで画面そのものは決して大きくないのに、壮大さを感じさせる仕上がりです。大胆な構図に緻密なタッチで独自の世界を作り上げ、また器形はどこまでも端正な長角や正角。のちには丸い形や絵柄に余白を付け加えるなど柔軟な手さばきが見られるようになり、絵付け鉢の完成形を作ったとも言われます。絵付けの評価とともに、作品全体の価値が高い作家です。昭和59年に突然の病魔のため、65歳で惜しまれつつ亡くなりました。赤絵の盆栽小鉢に豊かな絵心を添え、世界観を感じさせる作品には今もなお熱心なコレクターが多数います。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談