宮崎寒雉の鉄瓶買取

宮崎寒雉の買取相場

品名 買取相場
宮崎寒雉 乙御前 破れ蓋 手取釜鉄瓶 共箱 1,400,000円
十二代 宮崎寒雉 破形 手付釜 鉄瓶 湯沸し 共箱 715,000円
十二代 宮崎寒雉 甕形鉄瓶 共箱 546,000円
宮崎寒雉 柏葉打出鈴形 鉄瓶 箱 360,000円
十二代 宮崎寒雉 那須野石 手取釜 鉄瓶 共箱 540,000円
宮崎寒雉 銀摘袋形宝珠地紋鉄瓶 やつれ 共箱 366,000円
宮崎寒雉 純金松子摘蓋 鉄鉈提手 手取平霰丸形鉄瓶 共箱 324,000円
宮崎寒雉 環摘 古鏡蓋 菊形鉄瓶 箱入 300,000円

宮崎寒雉の鉄瓶買取価格

*掲載価格は実際の買取価格を保証するものではありません。
品物の状態や市場相場により価格が変動いたしますので予めご了承ください。

こんなお悩みございませんか?

  • 宮崎寒雉の鉄瓶の買取相場を知りたい
  • 宮崎寒雉の作品だと思われる鉄瓶を査定してほしい
  • 宮崎寒雉の銘が入った古い鉄瓶が本物かどうか鑑定してほしい
  • コレクションしていた象嵌入りの宮崎寒雉鉄瓶を、まとめて売りたい

ご安心ください!
宮崎寒雉作品買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

宮崎寒雉の鉄瓶を高く売る方法|買取のポイントは?

宮崎寒雉の鉄瓶を売却するなら、
鉄瓶の知識が多く、正確な査定ができる買取業者に査定依頼するのがコツです。

  • 宮崎寒雉の鉄瓶作品の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

    価値がわかる目利きに鑑定を依頼

    宮崎寒雉は金沢で代々、茶道具の釜や鉄瓶を作ってきた名工の家柄です。初代は京都で修業をしていましたが、加賀・前田家が小松城を造営する際に呼び戻されました。

    以来、加賀藩の御用釜師として活躍し、現在まで14代が続いています。品がよく、しかし勇壮な雰囲気もある宮崎寒雉の鉄瓶はアジアでも大人気。

    買取価格は数十万円になることもあり、売却にあたっては鉄瓶に詳しい鑑定士のいる買取業者に査定依頼することが重要です。

  • 作者の落款の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

    箱や鑑定書など付属品と一緒に査定

    鉄瓶はコレクターが多い人気の美術品です。買取価格も高額になりますから、査定を受けるときは箱や鑑定書、保証書を一緒に出しましょう。

    とくに「共箱」と呼ばれる、作家の署名や落款、作品名が書かれた箱は貴重なもの。鑑定書や共箱といった付属品の有無で査定額が変わることもあります。

    箱がきれいでなくても、見た目に傷や破損があるとしても鉄瓶が入っていた状態のまま査定を受けるのがおすすめです。箱、書類はどのような状態でも処分せずにおいておきましょう。

  • 評判の良い宮崎寒雉の鉄瓶買取店数社で見積もりをとって査定額を比較しましょう

    相見積もりを取って査定額を比較

    加賀の名工と言われる宮崎寒雉。初代から現在まで14代続く家系からは、さまざまな鉄瓶が生み出されました。非常に高価な作品もありますので、売却をお考えなら必ず複数の買取店から見積もりを取り、買取価格が高いところを選びましょう。

    買取店の提示する査定額は店によって基準が異なります。貴重な宮崎寒雉の鉄瓶であっても買取後のルートの有無によって安い査定額になるのです。損をしない売却のためにも、複数見積もりで比較を。

宮崎寒雉の鉄瓶買取業者の選び方

貴重な宮崎寒雉の鉄瓶を売却するときは、
無料鑑定ができる買取店や買取実績豊富な業者に相談しましょう。

  • 査定は無料のお店を選びましょう

    査定は無料のお店を選びましょう

    高額な美術品、骨董品を売却するときは、まず買取業者の無料鑑定を受けましょう。日ごろからたくさんの茶道具、鉄瓶を見ている買取店なら最新の相場に基づいて、適正な査定額を出してくれます。

    また複数の鉄瓶を売りたい場合は、鑑定士を自宅に呼ぶ出張買取がいいでしょう。重い鉄瓶をもって店舗まで行く必要がなく、安心です。

    買取店の中には東京都内の指定エリアなら交通費も不要というところがあります。事前に確認しておくといいでしょう。

  • 宮崎寒雉の鉄瓶の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

    買取実績が豊富な業者に依頼

    宮崎寒雉の鉄瓶は現在、日本だけでなくアジアを中心に高い人気をほこります。買取相場も高めに推移していますので、売却時には買取実績が多い業者に査定依頼しましょう。

    初代から数えて14代まで続く宮崎寒雉の鉄瓶のなかには名工と言われる12代、13代のものが高額査定です。

    ほかにも逸品が多いので、過去に多数の宮崎寒雉作品を買取している業者に査定を依頼しましょう。自社ホームページに実績を多数掲載している買取店が安心です。

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

宮崎寒雉について

宮﨑寒雉(みやざき かんち)は、石川県金沢を代表する釜師の家系です。初代から、代々「宮﨑寒雉」を襲名して350年以上になり、現在は14代目に当たります。
初代・宮崎寒雉は1633年(寛永10年)に生まれました。実家は鋳物業を営んでおり、のちに釜づくりを学ぶために京都へ出ます。京釜の大西家に弟子入りし、二代目の大西浄清のもとで修業。評判があがり、ついには加賀藩主・前田利常が小松城造営のタイミングで地元の金沢に呼び戻しました。加賀でははじめ、兵器や鳴り物を鋳造していましたが、のちに茶道具を主に手掛けるようになり、前田家の御用釜師として制作に入ります。京都から茶道奉行として招かれた裏千家四代・千仙叟とともに加賀の茶道を盛り立ててゆきました。
その後、代を重ねて2020年末に14代目が襲名。現在では加賀のみならず日本じゅうの茶人から支持を受けて釜、鉄瓶を作り続けています。
宮崎寒雉の鉄瓶は、初代が好んだ砂肌、薄づくりのわび茶好みが基本です。すっきりした色と形が特徴。さらに重厚さと独自の風合いを感じさせる作風です。余計な装飾はあまりせず、正統派の鉄瓶を作り続けています。
たとえば11代の鉄瓶は計算されつくした造形と、どっしりした鉄肌が魅力。金銀の象嵌を多用するような派手さはありませんが、作品によっては提手部分に金象嵌されたものがあり、非常に人気が高いです。鉄瓶の胴の彫銘が読み取れ、本物だと鑑定されれば100万円以上で売買されることもあります。
宮崎寒雉は、余計な装飾をあまりしない正統派の鉄瓶を作り続けています。シンプルながら豪快な「破れ釜 鉄瓶」も作られ、アジア圏でも高価買取の対象。買取相場は基本的に高値推移をしています。作家の署名、押印、作品名が書き込んである「共箱」があると、より高価買取される可能性が高いでしょう。ただし古い宮﨑寒雉の鉄瓶は本体と共箱が別のものであったり、箱が偽物または鉄瓶も共箱も偽物だったりしますので、売買をするときには注意が必要です。

歴代 宮崎寒雉

名称 略歴
初代・寒雉
彦九郎
隠居後は徳翁 1712年(正徳年)に亡くなる
二代・寒雉
彦九郎
初代に実子がいなかったため、養子に入る。1729年(享保十三年)に亡くなる
三代・寒雉
彦九郎
銭屋寒雉ともいう。1774年(安永二年)に亡くなる
四代・義二
彦九郎
1776年(安永四年)に亡くなる
五代・尚行
彦九郎
1797年(寬政八年)に亡くなる
六代・尚友
彦九郎
1800年(寬政十一年)に亡くなる
七代・尚植
彦九郎
1800年(寬政十一年)に亡くなる
八代・義光
彦九郎
1803年(享和三年)に亡くなる
九代・義尚
彦兵衛
彦九郎 没年不明
十代・尚幸
彦九郎
没年不明
十一代・寒雉
彦兵衛
1916年(大正四年)に亡くなる
十二代・寒雉
彦九郎
1964年(昭和三十九年)に亡くなる
十三代・寒雉 生家は九谷焼の職人で、父親は初代・中村秋塘。
養子として宮崎家に入り、1938年(昭和13年)に第5回新文展初入選。
十四代・寒雉 2008年に、裏千家「第6回茶道文化振興賞」を受賞。
2021年に宮﨑寒雉、宮崎幽斎を襲名。
裏千家淡交会の石川県支部、常任顧問をつとめる。
加賀金工作家協会 顧問をつとめる。
日本工芸研究会員