水野嗣賀男 買取

水野嗣賀男の買取実績

こんなお悩みございませんか?

  • 遺品の古い水野嗣賀男を処分したい
  • 所有している水野嗣賀男が幾らくらいで売れるかどうか査定してほしい
  • 亡母が集めていた水野嗣賀男の買取相場が知りたい
  • コレクションしていた水野嗣賀男を、まとめて売りたい

ご安心ください!
水野嗣賀男買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

「こんな質問や相談をしても大丈夫?」と悩む前に、まずはお電話ください。

0120-777-064電話をかける
お問合せ

水野嗣賀男を高く売る方法

水野嗣賀男の盆器を売却する時は、盆栽関連にくわしく
最新の買取相場をよく知る鑑定士に相談しましょう。

高く売る方法

水野嗣賀男の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

福助
福助
水野嗣賀男は水野正雄・緑寿庵陶翠の長男で、ともに戦後の陶翠鉢を制作した作家です。盆栽鉢の中でも絵付けをした作品を得意とし、繊細な絵鉢に人気があります。

父親である緑寿庵の作品とともに、現在でも買取相場は非常に高額。所有する水野嗣賀男の作品を売却しようかと思うなら、盆栽関係の知識が豊富で、盆栽鉢の価値を正確に査定できる買取業者に頼みましょう。

水野嗣賀男の手による一品ものの盆栽鉢は高価買取の対象です。


作者の署名の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

福助
福助
水野嗣賀男の絵付け鉢を査定に出すなら、手元にある木箱や鑑定書なども一緒に添えることです。

水野嗣賀男の盆栽鉢は比較的、高額で査定される人気のアイテム。しかしろくろを使った量産品と一品ものの作品では鑑定額が大きく違います。

貴重な一品ものの作品をうっかり安く売却してしまわないためにも、作家の署名や落款が入った箱、鑑定書なども査定に出すべきなのです。箱も書類も、無料査定まではすべて保管しておきましょう。


評判の良い水野嗣賀男の買取店数社で見積もりをとって査定額を比較することをオススメ

福助
福助
水野嗣賀男の作品は高額な買取価格になります。売却する前は評判のいい複数の買取店から見積もりを取りましょう。複数の見積もりがあれば、鑑定額がすべて違うことに驚くでしょう。

高価な盆栽鉢のような品は、評価額に明確な基準がありません。買取店ごとに無料査定で買取価格を決めていきますから、見積もりで金額を比べるのが一番わかりやすいのです。目利き鑑定士に査定を頼み、買取価格を比較してから売却しましょう。


信頼できる水野嗣賀男の買取業者の選び方

水野嗣賀男の盆栽鉢をまかせるなら鉢の無料査定を実施し、
盆栽鉢の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

信頼できる買取業者の選び方

査定は無料のお店を選びましょう

福助
福助
水野嗣賀男作品の査定は、盆栽鉢の無料鑑定を実施している買取業者に頼みましょう。

買取業者の査定は基本、無料です。良心的な業者は査定でお金を取りません。無料鑑定で作品の真贋を見分けて、目利き鑑定士が買取相場にあわせた鑑定額を提示します。

逆に査定後になって急に高額な鑑定料を請求したり、出張が必要だと言い出したりする業者は悪質です。査定依頼をするときに「完全無料ですか」と確認するといいでしょう。


水野嗣賀男の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

福助
福助
水野嗣賀男の盆栽鉢は、絵付けなどで高く評価されています。実際に売却する時には、過去に水野嗣賀男の作品を買取した実績が多い業者を探すのがコツです。

盆栽鉢の査定には深い知識と鑑定眼が不可欠。買取実績が豊富な業者は多数の作品を見ているため、おのずと鑑定眼が養われ、正しい査定ができるようになるのです。

それぞれの業者の実績は、店のホームページで見られます。水野嗣賀男の買取実績が多い業者に査定を頼むことです。



0120-777-064電話をかける
お問合せ

水野嗣賀男について

水野嗣賀男(みずのしかお)は、昭和17年生まれ。盆栽鉢を制作していた緑寿庵・陶翠(水野正雄)の長男で、緑寿庵がなくなった後は陶翠鉢の制作を引き継ぎました。

先代の緑寿庵からは技術を盗むように言われ、みずからの腕を磨きつづける日々。転機は25歳の時にあり、盆栽鉢の絵付けをしていた作家・浅井茶山のもとで陶画を学んで高い技術を身につけました。

さまざまな盆栽鉢に絵付けをほどこし、東海道五十三次の景色を揃いで描いた盆栽鉢が有名です。

水野嗣賀男とその父、水野正雄は戦後の陶翠鉢を率いた盆器作家です。

もともと陶翠窯は明治時代にまでさかのぼることができる由緒ある窯。ろくろづくりの量産型の鉢に絵付けをしたものもありますが、いわゆる「陶翠鉢」と呼ばれるのは一品ものの作品です。

制作された時期および作家によって大別されており、戦前に植松陶翠が意匠を考え、水野春松・正雄兄弟が焼成して品野茶山が絵付けをしたものと、主に戦後に作られた水野正雄・水野嗣賀男の父子による陶翠鉢があります。

植松陶翠亡き後、陶翠窯では跡を継ぐ者がなく「陶翠」の落款は水野正雄の手元に残されていました。そのため2種類の陶翠鉢が存在することになり、どちらの盆栽鉢も現在にいたるまで高い評価を得ています。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談