望月玉泉の買取

望月玉泉の買取実績

0120-777-064電話をかける
お問合せ


0120-777-064電話をかける
お問合せ

望月玉泉について

京都望月派のサラブレッドで、優雅で写実性のある花鳥画の大家

望月玉泉(もちづきぎょくせん)は、明治から大正にかけて活躍した日本画家です。

京都の日本画家、望月家の4代目として生まれ、6歳から祖父の望月玉蟾に望月派の画技を学び、16歳の頃から父の望月玉川について学びました。同時に巌垣六蔵に詩文を学ぶなど、広い範囲の教養を身につけていきます。

また13歳から清華家の家格をもつ公家の菊亭家に仕え、伊勢や駿河を周遊、写生を続けて山水画や花鳥画に写実性を取り入れていきました。

生家の望月家が代々御所への出入りを許されていたこともあり、京都御所の造営ではふすま絵の「有虞両妃図」を描き、明治天皇の即位に際しては「岩藤熊萩野猪図屏風」を献納したことで一気に画壇で認められました。

後進の指導にも熱心で、幸野楳嶺(こうのばいれい)らとともに京都府画学校を設立。のちに日本絵画協会が設立されると、第一回展には門下生の跡見玉枝、川合玉堂らとともに出品、「宇治川上流紙漉秋景」が一等を受賞するなど京都画壇を盛り上げました。1904年(明治37年)に帝室技芸員に任命。

望月玉泉の画風は優雅かつ写実性に富んだものです。生家の望月派の画技だけでなく、四条派や岸派のテクニックも取り入れて、非常に柔軟な画面構成をしました。花鳥画を得意とし、華やかさと精緻さを兼ね備えた作品が多く、今でもファンが尽きない画家です。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談