森狙仙の買取

森狙仙:花鳥画の技法を会得し、動物画を得意とした画家

森狙仙(もり そせん 1747-1821年)は江戸時代後期の絵師です。祖仙、如寒斎、霊明庵といった号も用いていました。

森派の絵師である森陽信、森周峯を兄にもち、三男として生まれました。大阪を中心に活動したことは分かっていますが、それ以外詳しいことはあまり知られていません。

はじめは狩野派の絵師に学び、如寒斎と号していましたが、円山応挙や長崎に滞在していた中国清代の画家、沈南蘋(しん なんぴん/ちん なんぴん)らの影響を受けるうちに写実性を重視するスタイルに画風を変更していきました。

ちなみに南蘋は、長崎に2年ほど滞在して花鳥画の技法を日本に伝えたとされる人物です。

狙仙が名声を得たのは写実を重視するようになってからで、とりわけ優れた猿の描き手として名を馳せました。

狙仙の作品はその九割が猿の絵といわれています。鹿や狸、猫、虎といったほかの動物画もあらわしましたが、山水画と人物画はほとんど描くことがありませんでした。

猿のやわらかい体毛や仕草を写実的に描写し、親しみやすく擬人化した姿は、山野で野生の猿を観察した賜物とされています。還暦(1807年)以降に、それまで用いていた「祖仙」の字を現在最もよく知られる「狙仙」に改めました。

「秋山遊猿図」、「孔雀図」、「双猿胡蝶図」、「竹虎図」、「猿図押絵貼屏風」などが代表作としてよく知られているほか、森狙仙の掛け軸には「狗図」など猿以外を描いた作品もあります。「雨中桜五匹猿図」は、2005年の切手趣味週間において80円切手の図案に採用されています。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談