棟方志功の買取

0120-777-064電話をかける
お問合せ

棟方志功の買取価格

棟方志功の買取相場

こんなお悩みございませんか?

  • 遺品の古い棟方志功を処分したい
  • 所有している棟方志功が幾らくらいで売れるかどうか査定してほしい
  • 亡母が集めていた棟方志功の買取相場が知りたい
  • コレクションしていた棟方志功を、まとめて売りたい

ご安心ください!
棟方志功買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

「こんな質問や相談をしても大丈夫?」と悩む前に、まずはお電話ください。

0120-777-064電話をかける
お問合せ

棟方志功を高く売る方法

人気画家 棟方志功作品を高価買取するには、
買取実績豊富無料査定を実施している業者を見つけましょう。

高く売る方法

棟方志功作品の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

福助
福助
国内外でも高い評価を受けている棟方志功は、掛軸、絵画、木版画など、様々な作品を手掛けている人気画家です。

有名作品である色鮮やかな裏彩色を施している、天妃の顔を大きく描いた「大首」や、仏をテーマとした作品「阿弥陀如来像」などは、高価買取になるケースが高いです。

高く売却したい場合、棟方志功作品の美術品としての価値や買取相場を熟知している、目利きの鑑定士に依頼することです。


作者の落款の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

福助
福助
世界的にも有名な棟方志功作品を高めに売却したいときは、鑑定書や箱などの付属品があれば全て出しましょう。

棟方志功作品の査定価格は、サインの有無、真偽判定、作品のコンディション、付属品の有無などによって、多く左右されます。

棟方志功は世界的な画家であるだけに、木版画やリトグラフなどの作品は、高額買取が期待できます。


評判の良い棟方志功の買取店数社で見積もりをとって査定額を比較することをオススメ

福助
福助
作家棟方志功の価値や、作品の真贋を目利きできない買取店に依頼した場合、本来、高査定額になる美術品でも、価値以下の査定価格を提示される可能性があります。

棟方志功作品を高価買取して欲しい場合は、基準となる買取相場を知っておくことです。

評価が高い多数の骨董品を買取している数店舗に、見積もりを依頼して、買取価格を比較しましょう。買取額を比較したうえで、売却先を決めると安心でしょう。


信頼できる棟方志功の買取業者の選び方

棟方志功の信頼できる買取業者は、出張買取や無料査定を行っている
版画や絵画買取実績が多い業者です。

信頼できる買取業者の選び方

査定は無料のお店を選びましょう

福助
福助
棟方志功作品を高く売却することを望むなら、目利きの鑑定士による無料査定をうけることです。

棟方志功作品や古美術品の買取を多く行っている買取業者は、有力な再販ルートを確保しているため、無料査定で実施しているところがほとんどです。

出張買取を行っている買取店の場合、出張費のみ有料となるなど、買取店により異なりますので、事前確認しておきましょう。


棟方志功の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

福助
福助
棟方志功作品の査定価格は、売却予定の買取店が、どれだけ再販ルートを持っているかによって変わります。再販できるルートが多いほど、高く買取される可能性があります。

再販ルートの有無は、棟方志功版画などの美術作品を、多数買取しているのかどうかです。

現時点での買取価格相場や棟方志功の買取実績は、買取店のホームページで、チェックできるはずです。気になる買取店を検索して、ホームページで確認してみましょう。



0120-777-064電話をかける
お問合せ

棟方志功:ゴッホに感銘を受け民芸運動の影響を受けた板画家

棟方志功(むなかた しこう 1903-1975年)は、刀鍛冶職人の家の3男として生まれました。少年の頃にゴッホの絵画を目にして感動し、絵描きを志すようになります。

青森市内の神社でスケッチをしながら成長し、その後に上京、当初は帝展や白日会といった展覧会に油彩画を出展しては落選することを繰り返していました。しかし、第9回帝展に絵画が入選、以降は文化学院で美術教師として後進の指導にあたりながら創作活動を続けました。

版画の道を極めるに至ったきっかけは、川上澄生(かわかみ すみお)の版画「初夏の風」に感動したことだといわれています。志功は、版画を「板画」と称して自身も板画家と名乗り続けました。幼い頃から極度の近視であったため、木版画を彫る時は、いつも板すれすれに顔を近づけていたと伝えられています。

ちなみに、戦前の彼の作品にはサインがなく、また同じ作品であっても志功自らタイトルを変更していることがあるため、収集にあたっては注意が必要な作家の一人でもあります。作風には、柳宗悦(やなぎ むねよし)らによる民芸運動の影響がよくあらわれています。また、戦時疎開のために約10年間在住した富山県西礪波郡(現南砺市)の自然風景もインスピレーションの大いなる源の一つになりました。

その表現は国内のみならず海外でも絶賛され、1956年には日本人として初めてヴェネツィア・ビエンナーレの国際版画大賞を受賞しました。この功績により、1969年には青森市より初代名誉市民賞を贈られ、1970年には文化勲章も受章しています。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談