長沢蘆雪の買取

長沢蘆雪の買取実績

0120-777-064電話をかける
お問合せ


0120-777-064電話をかける
お問合せ

長沢蘆雪について

性格と筆致の奔放さで知られる奇想の画家

長沢蘆雪(ながさわ ろせつ 1754-1799年)は、江戸時代の絵師です。長沢芦雪、長澤蘆雪と表記されることもあり、また千洲漁者、千緝という別号も用いました。

蘆雪の生い立ちは、丹波篠山青山下野守家臣である上杉彦右衛門の子として生まれたという以外に詳しいことが知られていません。円山応挙の弟子になった時期は、25歳くらいではないかと推測されています。しかし弟子入り前とされる作品にも優れたものが多く、応挙を師と仰ぐ以前から絵を描く心得があったことがうかがえます。

伊藤若冲曾我蕭白らと並び「奇想の作家」として知られています。その性格も時に奔放で荒々しく、「応挙から破門された」、「周囲の妬みから毒殺された」、「自殺した」といった逸話も残されています。

クローズアップや突飛な構図を多用し、見る人に驚きを与えるような思い切った作風を特徴としています。印章は、氷の枠に「魚」という漢字を入れたものを生涯使い続けました。これは、凍りついた池に閉じ込められていた魚が氷の溶けた後に再び自由に泳ぎ始めたのを目撃して衝撃を受けたというエピソードがあります。

この目撃談を応挙に報告したところ、苦しい修行時代も氷が溶けるように画の自由を得るものだという言葉を受け、深い感銘から印章として用いたのではないかと伝えられています。ちなみに、蘆雪が40歳を超えてからは、氷が溶けたことをあらわすかのように印章の右肩が欠けています。

代表作は重要文化財に指定された「群猿図屏風」、「正宗寺旧方丈障壁画」、「宮島(厳島)八景図」などです。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談