中林梧竹の掛軸買取

中林梧竹:日下部・巌谷とともに明治の三筆に数えられる書家

中林梧竹(なかばやし ごちく 1827-1913年)は、肥前国小城藩(現佐賀県小城市)の家臣の家に生まれました。小城藩は、鍋島藩の支藩にあたります。

梧竹のほかに、剣閣主人、個閑、忘言という号を用いていることもあります。書のほか、水墨画も描きました。また、「梧竹堂書話」という書籍もあらわしています。

梧竹の書は、中国の六朝の書法を手本とした絵画的な佇まいが特徴です。
六朝は、三国時代における呉・東晋・宋・斉・梁・陳の総称であり、儒教や仏教、道教といった宗教をベースとして文化が花開いたために宗教の時代という異名もあります。

梧竹は幼い頃から書に親しんでいましたが、本格的に学んだのは、藩命によって江戸に留学した18歳の頃でした。

その後、51歳で長崎から帰国する清国の理事官についていく形で海を渡り、古碑や拓本の研究を重ねます。
帰国してからは、明治天皇に書を献上するなど、明治の三筆の一人として書壇に大きな影響力を与えました。

明治の三筆は梧竹と日下部鳴鶴(くさかべ めいかく)、巌谷一六(いわや いちろく)で、それぞれが独自の書法を確立し、書の芸術の新たな境地を開拓しています。

太字のおおらかで豊かな力強さを感じさせる筆使いは、当時まったく新しい書法とみなされていました。そのため、現代においても近代書道の祖として位置づけられています。

小城市には「中林梧竹記念館」があり、およそ500点もの掛け軸をはじめとした作品を所蔵しています。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談