並河靖之の買取

並河靖之の買取実績

0120-777-064電話をかける
お問合せ


0120-777-064電話をかける
お問合せ

並河靖之について

高雅で優雅な七宝作品を生み出した寡作の名工

並河靖之(なみかわやすゆき)は、幕末から明治にかけて活躍した七宝作家です。

川越藩の藩士の子として京都に生まれ、11歳の時に青蓮寺院宮の侍臣の並河家の養子になりました。
維新後は中国七宝の模倣を目指して、七宝作家として活動を始めます。

中国七宝に関してはあまり知識も情報もなかった時代に手探りで模倣をこころみ、尾張の桃井英升を招いて技術指導を受けるなどの努力を重ねました。

ついに完成した七宝はさまざまな博覧会で非常な好評を得て、当時は海外で七宝といえば並河の作品だといわれるほどでした。

京都博覧会やフィラデルフィア万博、第一回内国勧業博覧会などに出品し、各賞を受賞。1896年(明治29年)に帝室技芸員に任命されました。

並河靖之の作風は高雅で典雅な表情にあります。一つには、長年にわたって青蓮院門跡につかえたことでおのずと身についた美的感覚が理由ですし、交流があった画家や工芸家、文人といった人々の影響を多く受けたためでもありました。

作品のひとつひとつは決して大作ではありませんが、空間を十分に生かした構成と色彩感覚で、独創的な七宝を生み出しました。
繊細で優美な七宝作品には現在でも非常に高い人気がありますが、制作に時間がかかったために寡作だったことと、作品の多くが海外に流出しているため、国内に残っている作品は非常に少ない作家です。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談