夏目漱石 買取

夏目漱石の買取実績


こんなお悩みございませんか?

  • 持っている夏目漱石の掛軸がいくらで売れるか値段や買取相場を知りたい
  • 二重箱に入った夏目漱石の掛け軸を鑑定してほしい
  • 床の間の夏目漱石の掛け軸を売りたいけど、どこに持ち込んでいいか分からない
  • 落款はあるが、夏目漱石の作品か分からない掛け軸を査定してほしい
  • 故人が大切にしていた夏目漱石の掛け軸を処分したい

ご安心ください!
夏目漱石買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

夏目漱石について

「吾輩は猫である」などをあらわした小説家

夏目漱石(なつめ そうせき 1867-1916年)は、「坊ちゃん」、「我輩は猫である」、「こゝろ」などで知られる小説家、英文学者です。愚陀仏という俳号も用いており、俳句や詩書といった掛け軸が残されています。漱石は、江戸牛込馬場下(現東京都新宿区)に末子として生まれました。裕福な家であったものの彼が成長するうちに傾き、養子に出されても実父と養父が対立するなど、家庭の問題を抱えていました。学校で英語や漢学を学ぶも中退を繰り返し、友人の助けを得てようやく大学予備門予科に合格します。入学後は、病気のために一度進級試験に落ちたほかは勉学に励み、ほとんどの教科で主席を獲得するほど精進したといわれています。
同窓生であった正岡子規(まさおか しき)とは、漢詩や俳句を通じて親しくなりました。漱石というペンネーム自体、元は子規の数ある号の一つであり、それを譲り受けたものとされています。卒業してからイギリスへ留学し、帰国後に学校の教授や講師を歴任後、朝日新聞社へ入社。職業作家として「虞美人草」、「三四郎」を連載しました。漱石やその弟子筋にあたる作家たちは、当時、人生に余裕をもち、地位や金銭的な欲望を離れて気位を高くもつという「余裕派」と呼ばれていました。なお漱石自身は、こうした考え方を「低徊趣味的」という造語で呼びあらわしています。彼は造語や当て字のような綴りを好み、非道い(ひどい)、浪漫(ロマン)、沢山(たくさん)などの書き方は、漱石が使い始めたものとされています。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定