西山翠嶂の買取

西山翠嶂の買取実績

0120-777-064電話をかける
お問合せ


0120-777-064電話をかける
お問合せ

西山翠嶂について

おおらかさと写実性の融合で、山水画が人気の画家

西山翠嶂(にしやますいしょう)は、大正・昭和期に活躍した日本画家です。

京都に生まれ、日本画家の竹内栖鳳(たけうちせいほう)の弟子になりました。京都市立絵画専門学校を卒業し、内国勧業博覧会や全国絵画共進会などに出品、文展・帝展でも出品を重ねて活躍しました。

とくに第一回文展に出品した「広寒宮」では3等賞を受賞し、第十回展からは3年連続特選を獲得する(「朱笄の女」・「短夜」・「落梅」)など、京都画壇の中心となります。当時の京都画壇には、西村五雲(ごうん)、橋本関雪(かんせつ)というすぐれた日本画家がいましたが、西山翠嶂も彼らと並び称されました。

後進の教育にも非常に熱心で京都市立美術工芸学校の教諭になり、のちに母校の京都市立絵画専門学校の教授から同校の校長になります。みずからの画塾である青甲社(せいこうしゃ)の門下生には、堂本印象(どうもといんしょう)や上村松篁(うえむらしょうこう)がいます。1944年(昭和19年)に帝室技芸員に任命され、のちに文化勲章も受賞。

西山翠嶂の画風は師の竹内清風の作風を受け継いだもので、おおらかさと写実性がみごとに調和しています。はじめは歴史人物をテーマに選ぶことが多く、しだいに人物画にうつり、晩年は洗練された山水画や動物画を描きました。

花鳥画や風景画も素晴らしいのですが、とくに人物画や動物には熱心なコレクターが多く、現在でも非常に人気のある画家です。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談