野口小蘋の買取

野口小蘋:南画の技法を継承した高雅な作風の女流画家

野口小蘋(のぐちしょうひん)は、明治・大正期に活躍した日本画家です。

医師の松邨春岱(まつむらしゅんたい)の子として生まれ、幼少期より画家を志して日根対山(ひねたいざん)に文人画を学び、伝統的な南画の技法を身につけました。
幼いころから漢籍は小林卓斎に師事し、浮世絵や中国画については独学で納めるなど、さまざまな知識を学びました。

明治初期以降はさらに活躍の場を広げて、第一回内国絵画共進会に「山水」「桂花」を出品、第二回内国絵画共進会には「山水」「花卉」を出品し、パリ万博などで次々と賞を受賞しました。

南画の女流画家としての地歩をしっかりとかため、華族女学校画学の嘱託教授にもなりました。
皇室との関係も次第に深くなり、宮中の皇后御寝殿の内装を制作したり、皇太后に作品を献上したり、東伏見宮妃や常宮・周宮(ともに内親王)の雅楽教師も担当。1904年(明治37年)には女性初の帝室技芸員に任命されて、奥原晴湖とともに、女流南画家の双璧と呼ばれました。

野口小蘋の作風は南画の技法を忠実におさえたものです。画面はどこまでも静謐であり、山水画などは非常に高雅な雰囲気をたたえていますし、人物画は豊かな抒情性を表現しています。

現在ではあまり女流画家としての認知度は高くありませんが、画面構成のたくみさなどを見ても正統派南画を描く画家として依然として評価は高い作家です。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談