野口幽谷の買取

「野口幽谷:正統派南画の流れを受けた、華麗な花鳥画の大家」

野口幽谷(のぐちゆうこく)は、江戸後期から明治期の日本画家です。

大工の子として江戸に生まれ、のち椿椿山(つばきちんざん)の弟子となりました。椿山が肖像画と花鳥画に長じていたため野口幽谷も華麗な花鳥画を得意とし、文人画にも堪能で、明治の南画画壇で活躍しました。

維新後、明治になってから数々の博覧会や展覧会に出品し、正統派日本画の大家として認められました。
1877年の第一回内国勧業博覧会に「竹石図」を出品、1882年には内国絵画共進会に「菊花図」を出品し、さまざまな賞を受賞。

1886年には宮中の学問所などに障壁画を描き、内国絵画共進会の審査官などをつとめました。
1893年(明治26年)には帝室技芸員に任命され、以後も宮内省や宮中に収める作品の制作をつづけると同時に、後進の育成にも力を注ぎました。

門下には、最後の南画家と呼ばれた松林桂月がいます。
現在では松林桂月のほうが師の野口幽谷よりも認知度が高いですが、南画の基礎は野口幽谷から学んだのでした。

野口幽谷の作風は、正統派の南画の流れを受けた重厚な風格が特徴です。花鳥風月や山水などを伝統的な技法で描き、やや生硬な雰囲気もありますが、それがかえって画面に高潔さを添えています。

野口幽谷自身の性格も誠実で高潔、清貧に甘んじた逸話が事欠かない人物で、南画の王道をいくスタイルが根強い支持を集め続けています。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談