荻須高徳買取

荻須高徳の買取実績

こんなお悩みございませんか?

  • 遺品の古い荻須高徳を処分したい
  • 所有している荻須高徳が幾らくらいで売れるかどうか査定してほしい
  • 亡母が集めていた荻須高徳の買取相場が知りたい
  • コレクションしていた荻須高徳を、まとめて売りたい

ご安心ください!
荻須高徳買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

「こんな質問や相談をしても大丈夫?」と悩む前に、まずはお電話ください。

0120-777-064電話をかける
お問合せ

荻須高徳を高く売る方法

荻須高徳作品の売却は絵画の買取相場をよく知り
相場にあった買取価格を提示する業者に頼みましょう。

高く売る方法

荻須高徳の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

福助
福助
荻須高徳(おぎすたかのり)は、大正から昭和にかけて活躍した洋画家です。50年以上もパリに住んでいたため、作品はパリの古い街並みを描いたものや自画像が中心。

多数の作品が美術館に収蔵されており、油彩もデッサンも高価買取されています。高額な荻須高徳の作品を売却するときは、真贋判定ができる目利きの鑑定士に頼むのが基本。

今も人気の高い作家ですから、価値を正確に見抜ける買取業者に鑑定してもらうのが重要なのです。


作者の落款の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

福助
福助
荻須高徳の作品には、作家のサインが入っている箱もしくは額縁が付属していることがあります。買取店の査定を受けるときには、箱やオリジナルの額縁ごと、評価をしてもらいましょう。

箱・額縁・鑑定書などの付属品は、鑑定士真贋判定の参考になり、査定額が上がるからです。

荻須高徳のように買取価格の高い作家は、偽物も多く出回っています。本物とわかれば高額で買取されますから付属品の有無は非常に重要なのです。


評判の良い荻須高徳作品の買取店数社で見積もりをとって査定額を比較することをオススメ

福助
福助
事情があって荻須高徳の絵画を手放すときは、複数の買取店から見積もりを取りましょう。買取店にはそれぞれ得意なジャンルがあって、美術品を得意とする店でも日本画・洋画・前衛アートなどに分かれているのです。

日本の洋画を中心に買取している業者の鑑定額と日本画メインの買取業者では、同じ荻須高徳の作品でも評価額が異なります。見積もりを比べることで価格差がはっきりわかりますから、一番高い業者に売りましょう。


信頼できる荻須高徳作品の買取業者の選び方

荻須高徳の作品の買取では、無料鑑定・査定を実施し、
過去の買取実績が多い買取店を探しましょう。

信頼できる買取業者の選び方

査定は無料のお店を選びましょう

福助
福助
荻須高徳の作品を売りたいときは、売却前に買取業者の無料査定を頼みましょう。ほとんどの買取業者が、無料査定を実施しています。

絵画や彫刻など重くてかさばる作品の査定では、鑑定士を自宅に呼ぶ出張査定も実施されていますが、これも無料です。もちろん査定後に作品を売却しなくても問題はありません。

ただし、ときには査定後に高額な鑑定料などを請求する悪質な業者もいます。事前に無料査定か聞いておきましょう。


荻須高徳の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

福助
福助
貴重な作品を高く売りたいなら、これまでにたくさんの荻須作品を買取している業者を探して売却の相談をしましょう。

美術品や絵画を多数買取している業者は、自社のホームページ内に荻須作品の買取実績や実際の買取価格を公開しています。

お手持ちの荻須作品と同じようなモチーフ、サイズの作品が掲載されていれば、買取価格の参考になるでしょう。また査定依頼前に買取業者の評判もチェックすると、より安心です。



0120-777-064電話をかける
お問合せ

荻須高徳について

荻須高徳(おぎす たかのり 1901-1986年)は、愛知県中島郡(現稲沢市)に、地主の子として生まれました。

愛知県立第三中(現愛知県立津島高等学校)を卒業後に上京、川端画学校を経て東京美術学校(現東京芸術大学)西洋画科に入学、西洋画を学びました。

卒業後はフランスへ渡り、アトリエをかまえて画家としての活動のほとんどをパリでおこないました。
渡仏直後は、フォーヴィスム画家として知られる佐伯祐三らと写生旅行にも赴いています。

祐三と同様、当初はユトリロやフォーヴィスム画家ヴラマンクの影響を感じさせる荒々しいタッチの絵画を描きましたが、次第に穏やかな画風の都市風景を描いた作品へと落ち着いていきました。

代表的な絵画作品は「サン・タンドレ・デザール広場」、「金のかたつむり」などです。
ジュネーヴでの個展やサロン・ドートンヌ会員への推挙など、フランスでの地位を確立したかに思われましたが、その矢先に第二次世界大戦が悪化、一度、帰国しています。

しかし戦後は、再び入国を許可されパリで活動を再開しました。高徳は、戦後に画家として入国を許可された初めての日本人として知られています。

1956年にはレジオン・ド・ヌール勲章を受章し、1982年にはフランス国立造幣局が肖像を施したメダイユを発行、これに際してシラク市長(後の大統領)は「もっともフランス的な日本人」と高徳を讃えるコメントを発表しています。日本においても文化功労者に選定、文化勲章を授与されています。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談