楽吉左衛門の買取

楽吉左衛門の買取実績


こんなお悩みございませんか?

  • 遺品の古い楽吉左衛門を処分したい
  • 所有している楽吉左衛門が幾らくらいで売れるかどうか査定してほしい
  • 亡母が集めていた楽吉左衛門の買取相場が知りたい
  • コレクションしていた楽吉左衛門を、まとめて売りたい

ご安心ください!
楽吉左衛門買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

楽吉左衛門について

現在まで15代に渡って続く楽焼樂家の名跡

楽吉左衛門(らく きちざえもん)は、楽焼の茶碗師の樂家が襲名している名称です。茶碗師は、表千家、裏千家、武者小路千家の「三千家」に出入りする茶道具職人をさす千家十職(せんけじっそく)の一つです。ほかに釜師、指物師などがあり、現在樂家は15代が吉左衛門として活動しています。「吉左衛門」は代々襲名している名称ですが、代によって作風や用いている釉薬はそれぞれ趣がまったく異なります。それらを区別するために、後世では「入」の字に入った隠居後の名前がよく使われます。隠居後の名前が贈られるようになったのは3代目からで、順に道入(3代)、一入(4代)、宗入(5代)、左入(6代)、長入(7代)、得入(8代)、了入(9代)、旦入(10代)、慶入(11代)、弘入(12代)、惺入(13代)、覚入(14代)と呼ばれています。
15代楽吉左衛門は、東京芸術大学美術学部彫刻科を卒業後にイタリアへ留学して研鑽を積みました。帰国後は、陶芸制作のかたわら、京都市立工業試験所で釉薬の研究もおこないました。伝統を継承しつつ前衛的な作品を発表し続けています。その活動は国内にとどまらず、1997年に楽焼を陶磁器として初めて海外へ紹介する「RAKU, A Dynasty Japanese Ceramists」展を開催、イタリア、フランス、オランダを巡回して好評を博しました。国際的な活躍が認められて、2000年にはフランス政府より文化勲章シュバリエを贈られています。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定