斎藤義重 買取

斎藤義重の買取・査定実績

こんなお悩みございませんか?

  • 遺品の古い斎藤義重を処分したい
  • 所有している斎藤義重が幾らくらいで売れるかどうか査定してほしい
  • 亡母が集めていた斎藤義重の買取相場が知りたい
  • コレクションしていた斎藤義重を、まとめて売りたい

ご安心ください!
斎藤義重買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

「こんな質問や相談をしても大丈夫?」と悩む前に、まずはお電話ください。

0120-777-064電話をかける
お問合せ

斎藤義重を高く売る方法

斎藤義重の作品を売却する時は、
高く売るために正しく査定できる鑑定士に依頼しましょう。

高く売る方法

斎藤義重の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

福助
福助
斎藤義重は、戦前〜戦後の日本の前衛美術に大きく貢献した作家です。彫刻と絵画という枠組みを超えた作品作りで知られ、美しいシルクスクリーンの作品も有名です。

制作された作品は日本美術の歴史的な価値をも有しており、美術買取の世界でも注目されています。売却を検討される際は、鑑定の知識豊富な専門の買取業者に依頼しましょう。


作者の署名の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

福助
福助
斎藤義重の作品を処分する時は、ギャランティカードや専用ケース、共箱といった付属品を忘れずつけて査定してもらうようにしましょう。

日本前衛美術の重鎮である斎藤義重の作品は、巧妙な偽物も出回っていますが、保証書類などが真贋の見極めの手助けになることもあります。


評判の良い斎藤義重の買取店数社で見積もりをとって査定額を比較することをオススメ

福助
福助
斎藤義重の作品を査定に出す際は、複数の評判がいい買取店から見積もりを取りましょう。無料査定で提示される買取価格を見比べるためです。

日本のアート界に大きな足跡を残した斎藤義重ですがどこに売却しても高額査定というわけではなく、シルクスクリーンを得意としていない買取業者もいます。

前衛アートが得意な買取店を探して、高く買い取ってもらいましょう。


信頼できる斎藤義重の買取業者の選び方

斎藤義重の作品の査定は、
アートに詳しく買取実績豊富な無料鑑定実施店に依頼しましょう。


信頼できる買取業者の選び方

査定は無料のお店を選びましょう

福助
福助
斎藤義重のシルクスクリーンは、サイズや制作された年代によって査定額が変動します。

また、買取市場の流行やコレクターの状況などに応じて価格が変わってくることもあるので、まずは無料査定を申し込んでおよその査定額を見積もってもらいましょう。


斎藤義重の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

福助
福助
斎藤義重のシルクスクリーンを売却する際は、買取業者のサイトで買取実績を事前に調査しておくと安心です。

斎藤義重をはじめとする前衛アート作家の作品や、著名なアーティストによるシルクスクリーンを多く鑑定実績として挙げている買取業者は、知識と経験豊富とみて良いでしょう。



0120-777-064電話をかける
お問合せ

斎藤義重 買取の高価買取なら東京大田区の福助にご依頼ください。

鑑定歴20年以上の確かな実績で相場を熟知した鑑定士が、お客様の大切な斎藤義重 買取の価値を査定いたします。

福助では、幅広いジャンルの美術骨董品の買取・査定が可能です。作家や価値の分からない作品の査定や、不要な絵画・掛軸などの処分・売却をお考えなら、無料の出張・宅配買取にも対応しておりますのでお気軽にお問い合わせください。

斎藤義重について

斎藤義重(Yoshishige SAITO)は、「ぎじゅう」と呼ばれることもあります。陸軍軍人だった父の趣味によって幼い頃からヨーロッパの建築や美術の本にふれ、学生時代は美術クラブに所属して絵を描いていました。ロシア未来派やダダイズムの影響を強く受け、東郷青児らの主催する「アバンガルド洋画研究所」に入所、日本の前衛主義の一翼を担う存在となります。1936年、二科展に入選しますが、戦中は彼のような抽象主義やシュルレアリスム主義者が排斥される時代であり、自宅へ特高警察が踏み込んでくるなど危険な体験をしたといわれています。戦中は創作活動を行うことができず、軍用石鹸工場で働いて生活していました。戦後もすぐに活動を再開できたわけではなく、ペンキ職人の仕事を手伝いながら融通してもらったペンキでベニヤ板に絵を描く日々を過ごしました。しかし、1957年に朝日新聞者主催の「今日の新人57年展新人賞」を受賞。53歳での新人賞受賞は大きなニュースになりました。
その後は、県立美術館などにとどまらず、ヨーロッパ、オーストラリア、カーネギーといった各国各地域で巡回展を開催して国際的な評価を獲得。多摩美術大学教授に就任し、後進の指導にも尽力しました。平面と立体の区別をつけない前衛的な作品と、美術家の枠を超えた表現者としてのあり方は、その後の日本美術に大きな影響を与えています。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談