酒井抱一の買取

酒井抱一の買取実績

*掲載価格は実際の買取価格を保証するものではありません。
品物の状態や市場相場により価格が変動いたしますので予めご了承ください。

こんなお悩みございませんか?

  • 持っている酒井抱一の掛軸がいくらで売れるか値段や買取相場を知りたい
  • 酒井抱一の古い掛け軸を鑑定してほしい
  • 酒井抱一の掛軸を売りたいが、どこに持ち込んでいいか分からない
  • 酒井抱一の作品だと聞いたが、よく分からない掛軸を査定してほしい
  • 故人が大切にしていた酒井抱一の掛軸を処分したい

ご安心ください!
酒井抱一買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

査定の流れ

3STEPでカンタン!

1

鑑定をする鑑定士

査定

鑑定歴20年以上の経験豊富な鑑定士がお客様のお品物をしっかり査定します。

2

お見積もりをご提出する鑑定士

お見積り

『古い品物の価値を知りたい…』こんな場合も、お見積りは無料です。万が一、査定価格にご満足いただけない場合でも、キャンセル自由です。

3

買取成立・お支払い

買取成立・お支払い

査定価格に同意いただければ、買取申込書に必要事項を記入いただき、即現金にてお支払いいたします。


創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

酒井抱一について

雅を知る文化人のサロンで育った江戸琳派の祖

酒井抱一(さかい ほういつ 1761-1829年)は絵師、俳人として活躍した江戸琳派の祖です。屠牛、狗禅、鶯村、雨華庵などの別号をもち、俳人としては濤花、杜陵という俳号を用いていました。また狂歌を詠む際は尻焼猿人、屠龍(とりょう)などと称しています。なお、屠龍の号は俳諧、浮世絵でも使っていました。抱一は芸事に理解のある酒井雅楽頭家の第四子として、神田小川町の姫路藩別邸で生まれました。兄の忠以も俳人、茶人として雅を理解する者として有名であり、酒井家藩邸は雅の理解者が集まるサロンのようだったと伝えられています。武家の伝統として狩野派の絵師、狩野高信に絵を習いましたが、それ以外にも浮世絵を浮世絵師の歌川豊春、俳諧を当時大名の間で人気を誇っていた馬場存義に習いました。
抱一の浮世絵は10点ほど現存しているとされますが、独自の画風の確立を目指したわけでもなく、俳号や狂歌名の号や落款を使い回していることから、それほど熱心ではなかったというのが定説です。一方で俳諧と狂歌は、晩年まで創作を続け、自選集「屠龍之枝」を刊行するなど、情熱を傾けていたようです。兄の忠以が亡くなったことから37歳で出家、以降は武家を離れた自由な身分として芸術に親しむようになりました。そこで尾形光琳を見出し、その装飾的な要素を取り入れた江戸琳派の祖として自身の画風を確立させていきます。抱一は光琳の業績研究にも熱心に取り組み、没後100年の際には「光琳百回忌(1815年)」を催しています。抱一のあらわした展覧図録「光琳百図」はヨーロッパにも伝わり、光琳の評価や研究の重要な礎となりました。50代以降、抱一をトップとする工房体制を整えた、いわゆる雨華庵時代の作品が特に有名で酒井抱一の双幅掛け軸「風雨草花図(夏秋草図屏風)」、「月に秋草図屏風」は重要文化財に指定されています。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定