佐野大助 買取

佐野大助の買取実績

こんなお悩みございませんか?

  • 遺品の古い佐野大助を処分したい
  • 所有している佐野大助が幾らくらいで売れるかどうか査定してほしい
  • 亡母が集めていた佐野大助の買取相場が知りたい
  • コレクションしていた佐野大助を、まとめて売りたい

ご安心ください!
佐野大助買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

「こんな質問や相談をしても大丈夫?」と悩む前に、まずはお電話ください。

0120-777-064電話をかける
お問合せ

佐野大助を高く売る方法

佐野大助の作品を売却するときは、
多様な作風を鑑定できる目利き買取業者に査定を頼みましょう。

高く売る方法

佐野大助の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

福助
福助
佐野大助(さのだいすけ)は、小品盆栽愛好家であり盆栽鉢の絵付で有名な作家です。鉢の生地は他の作家に制作依頼し、佐野大助が絵付けをほどこすという独自の制作スタイル。

多数の鉢作家に成形を依頼したため、多様な作風の盆栽鉢が残されています。関東では非常に人気のある作家で、買取相場は今もとても高額です。

売却しようと思うなら盆器にくわしい目利き鑑定士に査定を依頼し、適正な買取価格を提示してもらいましょう。


作者の署名の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

福助
福助
染付の盆栽鉢としてたいへんな高価買取になる佐野大助の作品。買取業者の無料査定では、必ず付属品もそろえて出しましょう。

美術品の付属品とは、作品が入っていた箱や鑑定書のこと。特に箱に作家の署名や作品名が書いてあったり、落款が押してあったりするものは「共箱」といわれる貴重品です。鑑定額に影響することもあります。

手元に付属品があれば、作品と一緒に鑑定士に見てもらいましょう。


評判の良い佐野大助の買取店数社で見積もりをとって査定額を比較することをオススメ

福助
福助
多種多様な作風の佐野大助。「大助鉢」と言われる作品は、盆栽小鉢の世界でたいへんな高額で売買されています。

買取業者の無料査定時には、複数の業者から見積もりを取ること。見積もり額は高い店もあれば、それほど高くない店もあります。タイミングによっては、大助鉢が欲しい顧客がいるので買取相場よりも高くても買う、というケースもあるのです。

実際の買取価格を比較するためにも、見積もり額を比べて高価買取ができる店に売りましょう。


信頼できる佐野大助の買取業者の選び方

売り手にとって信頼できる買取業者とは、盆栽鉢の無料鑑定を実施し、
過去に多数の買取実績のある業者です。

信頼できる買取業者の選び方

査定は無料のお店を選びましょう

福助
福助
佐野大助の作品は買取相場が高額です。損のない売却にしたいなら、無料鑑定・無料査定のできる買取店に依頼しましょう。

買取店は基本的に無料査定。鑑定料は不要ですし、東京都内の所定エリア内なら出張費も無料という業者もあります。

佐野大助の作品は高い評価を受けている逸品ぞろい。出張買取で目利き鑑定士に来てもらい、自宅で安心して査定を受けましょう。店頭へ運ぶ必要がなければ、破損のリスクもありません。


佐野大助の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

福助
福助
佐野大助の作品を売却しようと思ってもどの買取店に頼んだらいいか、わからないかもしれません。チェックすべきは買取店のホームページ。

中国の盆栽鉢や五彩鉢、泥物など多種類の盆栽鉢を画像付きで紹介し、買取価格を公開しているなら目利きの買取業者ということ。貴重な「大助鉢」の査定も正確にできますし、真贋判定も正しいでしょう。

作家ものの盆栽鉢はただの植木鉢ではありません。実績豊富な買取店と相談しましょう。



0120-777-064電話をかける
お問合せ

佐野大助について

佐野大助(さのだいすけ)は、昭和時代の盆栽鉢の作家です。大正8年に生まれ、手描き友禅の職人として働きました。昭和24年ごろから盆栽鉢の上絵付をするようになり、花鳥や山水、人物を得意として数多くの名鉢を生み出します。

40年代には弟である佐野市太郎が鉢の成型を、佐野大助が絵付けをした兄弟合作の小品盆栽鉢が制作されました。

佐野大助の盆栽鉢は、鉢本体の制作を他の作家に発注している点が大きな特徴です。みずからは上絵付だけを担当し、さまざまな作家が作り上げた鉢に色絵や彫刻をほどこして作品に仕上げました。

鉢の作り手が多かったため多彩な作風の盆栽鉢が残されることになり、佐野大助の作品群はバラエティ豊かです。たとえば「ろくろ名人」といわれた宗像一蒼の磁器に佐野大助が雷神を描いた染付鉢は、リアルな筆致で見るものを引き込みます。

色絵では緑や赤、黒、茶色を使いこなし、手描き友禅の技術を生かした華麗な作品に仕上げています。

多数の鉢作家とのコラボで生まれた名鉢は別名を「大助鉢」とも言われ、画風・器型ともに他の追随を許さぬオリジナリティを表現しています。今も、とくに関東方面で圧倒的な人気のある盆栽鉢作家です。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談