千住博の絵画買取

千住博の買取相場

品名 買取相場
千住博 ウォーターフォール 共シール 額装2号 770,000円
千住博 METALFALL#3 メタルフォール 640,000円
千住博 桜の図 共シール 額装 590,000円
千住博 Metalfall#1 メタルフォール#1 リトグラフ 504,000円
千住博 桜 彩色画 共シール 額装 480,000円
千住博 シルクスクリーン 大イチョウ 280,000円
千住博 STARDUST FALLS 星のふる夜に 限定200部 210,000円
千住博 朝に聴く声 シルクスクリーン 165,000円

千住博の買取実績

*掲載価格は実際の買取価格を保証するものではありません。
品物の状態や市場相場により価格が変動いたしますので予めご了承ください。

こんなお悩みございませんか?

  • 遺品の古い千住博を処分したい
  • 所有している千住博が幾らくらいで売れるかどうか査定してほしい
  • 亡母が集めていた千住博の買取相場が知りたい
  • コレクションしていた千住博を、まとめて売りたい

ご安心ください!
千住博買取の
専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

千住博を高く売る方法|買取のポイントは?

千住博を高く売るなら、
現代アートの買取相場をよく知り、多数の買取をしてきた業者に依頼しましょう。

  • 千住博の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

    価値がわかる目利きに鑑定を依頼

    幻想的に流れ落ちる滝の絵で有名な、千住博。芸術家一家で育った千住博は繊細な感覚と大胆な構図から、国内外の美術市場で高い人気があります。

    代表作の「ウォーターフォール」は、色や形、ヴァージョンを変えながら今も進化を続けており、年々、査定額が上がる一方です。

    原画はもちろんリトグラフの評価も高いため、売却時には現代アートの知識が豊富な目利き鑑定士に査定を依頼しましょう。高価買取を狙える作家です。

  • 作者のサインの入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

    箱や鑑定書など付属品と一緒に査定

    片岡球子の絵画は、国内外で非常に人気があります。そのため大量の偽物が絵画市千住博の作品を売却するときは、購入時の箱や鑑定書、保証書なども一緒に添えて無料査定を受けましょう。箱や額縁には千住自身のサインが入っていることもあり、作品の真贋判定の助けになります。

    手元にある付属品らしきものはすべて一緒に鑑定してもらうのがコツです。もちろん付属品なしでも査定は可能。

    多数の絵画作品を買取している目利き鑑定士なら、箱や鑑定書などの付属品なしでも適正な査定額を出すことができます。場に出ていると言われるほど。実際にシルクスクリーンやリトグラフ作品で偽物が制作され、販売されたこともあります。

    買取業者の無料鑑定を受けるときは、鑑定書や絵画についていた箱も一緒に出しましょう。

    また片岡球子の版画作品は、没後に家族の監修のもと制作されたものもあり、所定のシールが額縁に貼ってある作品もあります。書類や箱はもちろん、額縁もオリジナルのまま査定を受けましょう。

  • 評判の良い千住博の買取店数社で見積もりをとって査定額を比較しましょう

    相見積もりを取って査定額を比較

    千住博は日本だけでなく海外でも高い評価を受けています。とくに長年にわたり生活の拠点としているアメリカ、ニューヨークでの人気は大変なものです。

    売却前には評判の良い複数の買取業者に無料鑑定を依頼し、実際の買取価格を提示してもらいましょう。5社あれば5社とも異なる買取価格をつけることもあります。

    損のない売却のためにも、実際の見積もり金額を比較することが重要。金額を比較したうえで、一番高い業者に売りましょう。

千住博の買取業者の選び方

千住博作品の高価買取をねらうなら、
無料鑑定を実施し、これまでの買取実績が多い業者を見つけましょう。

  • 査定は無料のお店を選びましょう

    査定は無料のお店を選びましょう

    高額な絵画作品を売却するときは、さきにベテランの鑑定士に無料鑑定をしてもらうのが鉄則です。無料査定で買取価格がわかってから、売却するかどうかを決めても問題はありません。

    ほとんどの買取業者が無料査定、無料鑑定を実施していますが、なかには有料査定をおこなっている買取店もありますから事前の確認が必要です。

    また査定後に高額な「査定料」「出張費」を請求する悪質な買取業者もいますので、注意しましょう。

  • 千住博の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

    買取実績が豊富な業者に依頼

    千住博の作品を手放すときは、これまでに多数の絵画作品、千住作品を買取している店を選びましょう。滝シリーズのほかにも枝垂桜を描いたもの、街の風景を描いた作品などがあり、いずれも高額査定を見込める傑作です。

    査定依頼前には買取業者のホームページで過去の買取実績をチェックし、業者の評判を確認しておきましょう。

    評判がいい買取店に査定を依頼し、売却の相談をすれば初めての絵画買取でも安心して進められます。

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

千住博について

千住博の概要

千住博(せんじゅひろし)は平成時代から活躍する、モダンな日本画家です。1958年
(昭和33年)

に東京都に生まれ、父親は工学博士、母は教育評論家、エッセイストという家庭で育ちました。3人兄弟の長男であり、弟は作曲家として活躍する千住明、妹はヴァイオリニストの千住真理子という芸術一家。幼い頃から自宅の壁やふすまに絵を描き、東京芸術大学の美術学部絵画科日本画専攻に入学します。大学卒業後は修士課程に進み、卒業制作「回帰の街」は同大学の買い上げになるなど、早くから才能を認められました。
大学卒業後は、自然の風景を主な画題とし、1993年
(平成5年)に発表した「フラットウォーター」で国内外の美術界で注目の作家になります。この作品はハワイ、キラウエア火山の溶岩が海に流れる風景を描いたもので、伝統的な日本画の技法を用いながらも斬新な画面構成で高い評判をよびました。
さらに1995年
(平成7年)には、千住博の代表作として名高い「THE FALL」が発表されます。この作品は、イタリアで開催された第46回ヴェネツィア・ビエンナーレで名誉賞を受賞。縦3.4m、横14mの大作で、展示館内の全域に本物の水をはり、作品が水に反射するという意表を突く空間デザインも話題を呼びました。千住博自身の建築センスが、作品をさらに高めた一例です。
なお「ウォーターフォール」のシリーズはパブリックアートにもなっており、東京メトロ副都心線の新宿三丁目駅の地下通路に、壁一面の巨大壁画を見ることができます。また羽田空港新ターミナルにある全長18mの滝作品「ウォーターシュライン」や京都の大徳寺 聚光院別院における襖絵(ふすまえ)制作など公共の作品制作にも力を入れている作家です。

千住博の作風

千住博の作風は、日本画の伝統的な技法とモダンな画面構成の融合にあります。絵具は日本画の岩絵の具を使い、幻想的な色づかいで柔らかい雰囲気を醸し出すのが特徴。

さらに巨大な画面を貫く滝や幽玄に咲き誇る桜など、モダンでスタイリッシュな画面構成は迫力を感じさせます。

自然の中に力強さを見出し、日本古来の色で生命力を描き出す独自の世界観が人気の理由です。

千住博の略歴

略歴
1958年
(昭和33年)
東京都に生まれる
1982年
(昭和57年)
東京藝術大学 美術学部絵画科 日本画専攻を卒業
1984年
(昭和59年)
東京藝大、大学院修士課程を修了
修了時の制作作品は、東京藝術大学によって買い上げられた
1995年
(平成7年)
イタリアで開催された第46回ヴェネツィア・ビエンナーレにて、名誉賞を受賞
2006年
(平成18年)
韓国で開催された第6回光州ビエンナーレに出品
2007年
(平成19年)
平成19~25年にかけて京都造形芸術大学の学長をつとめる(現在は京都芸術大学教授)
2010年
(平成22年)
APEC JAPAN 2010首脳会議の会場構成を担当する
2011年
(平成23年)
中国で開催された第5回成都ビエンナーレに出品
軽井沢に「千住博美術館」がオープン
2015年
(平成27年)
イタリアで開催された第56回ヴェネツィア・ビエンナーレに出品
台湾の故宮南院によって作品が買上げられる
2016年
(平成28年)
世界遺産である奈良県の薬師寺に作品が収蔵される
平成28年度の外務大臣表彰を受賞
2017年
(平成29年)
イサム・ノグチ賞を受賞
2018年
(平成30年)
日米特別功労賞を受賞
2021年
(令和3年)
第77回恩賜賞、日本芸術院賞を授与される