先崎栄伸の仏像買取

先崎栄伸の仏像買取なら東京大田区の福助にご依頼ください。
鑑定歴20年以上の確かな実績で相場を熟知した鑑定士が、お客様の大切な先崎栄伸作品の価値を査定いたします。福助では、先崎栄伸の高価買取・査定が可能です。作家や価値の分からない美術品の査定や、不要な骨董品の処分・売却をお考えなら、無料の出張・宅配買取にも対応しておりますのでお気軽にお問い合わせください。

先崎栄伸の仏像買取相場

品名買取相場
先崎栄伸 仏像 大日如来坐像 約12kg 50,000~90,000円
先崎栄伸 仏像 鋳銅 日蓮上人 27,000~46,000円
先崎栄伸 仏像 千手観音 青銅 ブロンズ 高さ約66㎝ 160,000~260,000円
先崎栄伸 仏像 地蔵菩薩立像 銅製 ブロンズ 高さ約90㎝ 120,000~200,000円
先崎栄伸 仏像 銅製 虚空蔵菩薩座像 高さ約47cm 70,000~120,000円
先崎栄伸 仏像 銀製 聖観音菩薩像 65,000~108,000円
先崎栄伸 仏像 木彫 観世音菩薩 レリーフ彫刻 45,000~76,000円
先崎栄伸 仏像 銅ブロンズ 本金箔仕上 恵比寿 30,000~60,000円

先崎栄伸の仏像買取価格

*掲載価格は実際の買取価格を保証するものではありません。
品物の状態や市場相場により価格が変動いたしますので予めご了承ください。

こんなお悩みございませんか?

  • 遺品の先崎栄伸作仏像を処分したい
  • 所有している先崎栄伸の仏像が幾らくらいで売れるかどうか査定してほしい
  • 亡父が集めていた先崎栄伸の買取相場が知りたい
  • コレクションしていた先崎栄伸の仏像を、まとめて売りたい

ご安心ください!
先崎栄伸買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

先崎栄伸の仏像を高く売る方法|買取のポイントは?

先崎栄伸作品を高価売却する方法は、仏像の価値を理解している仏像買取豊富な買取店を見つけましょう。

  • 先崎栄伸の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

    価値がわかる目利きに鑑定を依頼

    先崎栄伸は、10代にして帝展入選を果たした仏像彫刻家。先崎栄伸の千手観音像などの作品は、有名な寺社に納められています。
    先崎栄伸作品は、骨董品や美術品価値が高いため、高価買取してもらえる可能性があります。
    但し、先崎栄伸など仏師作品の専門知識がない鑑定士に依頼すると、真贋を見極める力がなく、安価な査定額を提示されてしまいます。
    必ず、適正価格を提示できる実績豊富な鑑定士に査定してもらうことです。

  • 作者の落款の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

    箱や鑑定書など付属品と一緒に査定

    先崎栄伸の木彫り仏像や大日如来像を購入した際に、一緒にあった付属品は、保管されていますか。もし手元に、銘入りの共箱や黄布などの付属品があれば出しましょう。
    先崎栄伸の木彫り仏像や大日如来像の背面などに「栄伸作」の銘がなかった場合、共箱や鑑定書などの付属品で、作品の真贋を決めるからです。
    そのため、付属品有無によって買取価格が異なってきます。

  • 相見積もりを取って査定額を比較しましょう

    相見積もりを取って査定額を比較

    先崎栄伸の木彫り仏像を高く売却するには、各買取店の見積もり額を比べたうえで、売却先を決めましょう。まずは、口コミなどで評判が良い、実績高い買取店を複数探し、見積もりを依頼しましょう。
    買取店によって、先崎栄伸作品の見積もり額が異なるのは、仏像価値を知る鑑定士が在籍しているのか、購入後の販売ルートの有無などで、決まります。

先崎栄伸(仏像)の買取業者の選び方

信頼できる先崎栄伸(仏像)作品の買取店は、出張買取無料査定様々な作品の買取実績が高いところです。

  • 査定は無料のお店を選びましょう

    査定は無料のお店を選びましょう

    先崎栄伸作品を売却処分する際は、無料査定を実施している買取業者に相談しましょう。先崎栄伸の仏像や如来像などを豊富に買取している業者は、無料査定です。
    また、遺品整理などの事情により、美術品や仏像)などがたくさんある場合、重くて持ち運びが大変ですので、自宅に鑑定士が来てくれる出張買取で、お願いするのも良いでしょう。

  • 先崎栄伸の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

    買取実績が豊富な業者に依頼

    先崎栄伸の木彫り仏像や如来像など、買取を豊富に行っている業者のホームページには、今までの買取実績が、たくさん掲載されています。
    言い方を変えると、先崎栄伸作仏像の買取実績が豊富だということは、売却する際の評価が高いということになります。
    また、仏像買取に詳しい目利きの鑑定士がおり、安心に取引ができるということです。先崎栄伸作品を高く売却したい場合は、仏像の買取実績豊富な買取店に依頼しましょう。

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

先崎栄伸の仏像買取について

先崎 栄伸(せんざき えいしん)は昭和初期に活躍した彫刻家です。大正6年に福島県に生まれ、14歳ごろから仏教美術協会の会員だった彫刻家、阿井瑞岑に師事。昭和10年には若干18歳で当時の美術界最高峰だった帝展に入選を果たします。その後は日展・正統木彫家協会展・日本美術協会展などで数々の賞を受賞。昭和29年には「仏教美術協会」の設立に尽力し、ほかにも立動美術会委員や三軌会彫刻部長をするなど、仏教美術普及のために精力的に活動しつづけました。昭和51年に文部大臣賞を受賞。昭和61年に亡くなりました。

百年に一度の天才仏師と言われ、初めて帝展に入選したのはわずか18歳。作風は緻密な造形。仏を彫れば崇高な表情に独特の風韻があらわれ、高僧を彫れば生き生きとした躍動感が表現されました。ブロンズや銀などで鋳造した仏像も多く、個人宅に収蔵されている名品が古美術品市場に出ることもあります。
第二次世界大戦後は仏像制作に専念し、数々の仏像が日本各地の寺院に収められています。曹洞宗総本山の総持寺・舎利殿のご本尊「説法釈迦」や大圓寺の「聖観音」「千手観音」が有名です。先崎栄伸が原型を作り、ブロンズや銅で鋳造した仏像は精緻な表現力を余すところなく伝える逸品。千手観音・大日如来・観音像は特に人気が高く、骨董品としての鑑定額も高額です。

代表的な作風や技法

先崎栄伸の作風は古典様式のおおらかな美しさにあります。幼少時より仏教美術を学び、戦前から多数の作品を制作。さらに第二次世界大戦後は仏教美術に活躍の場を絞り、仏像制作に励みました。優美で包容力のある作風は、実際にインドや中国、ジャワ島などに渡航したことでさらに磨かれ、各地の仏教美術を研究した成果が反映されています。
代表作には曹洞宗総本山である総持寺舎利殿の本尊「説法釈迦」のほか東京の大圓寺にある七大観音のうち「聖観音」と「千手観音」、浅草寺五重塔内の百観音のうち4体などがあります。小田原の最乗寺「文殊・普賢菩薩」も先崎栄伸の手によるものです。

先崎栄伸の略歴

略歴
大正6年 福島県に生まれる
昭和6年 仏教美術協会創立会員の彫刻家、阿井瑞岑にまなぶ
昭和10年 18歳の若さで帝展に初入選。以後、日展、正統木彫家協会展 日本美術協会展で受賞
昭和29年 「仏教美術協会」の設立に尽力。立動美術会委員 三軌会彫刻部長
昭和51年 文部大臣賞を受賞。
昭和59年 大圓寺の千手観音を制作
昭和60年 彫玄会代表になる。第1回 彫玄会展を開催
昭和61年 逝去