清水南山の買取

清水南山:明治からの正統派技術を受け継いだ名工

清水南山(しみずなんざん)は、大正・昭和期に活躍した金工家です。

東京美術学校(東京芸大の前身)の彫金本科を卒業し、研究科で金工家の加納夏雄海野勝珉(うんのしょうみん)に学びました。

東京美術学校で藤田文蔵に師事して塑造も学び、卒業後は香川県立工芸学校で教鞭をとりました。
病のため教職を辞した後、法隆寺で古美術の研究に没頭します。

のちに上京して、大正天皇御即位記念に司法省より献納する金装飾太刀の作成にかかわり(はじめ、彫金家の岡部覚弥が制作しましたが、途中で亡くなったため、清水南山がひきついだ)、東京美術学校の教授に任ぜられました。

東京美術学校では大正8年から昭和20年までの長い期間にわたって後進の育成につとめ、教え子の中には人間国宝の彫金家・増田三男がいます。

帝展・文展・日展の審査員を数多くつとめ、1934年(昭和9年)に帝室技芸員に任命、帝国美術院会員・日本彫金会会長になりました。

清水南山の作風は、日本古来の伝統金工を受け継いだ王道のものです。代表作の「梅花文印櫃」や宮内省の要請で制作した香椎宮および住吉神社に納められた「黒味製鍍金の金燈籠」など、格調高く上品な作風です。刀装金工にも腕を振るい、明治の名工の技術を受け継いだ名工として、没後も非常に評価の高い名工です。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談