下村観山の買取

下村観山の買取実績

*掲載価格は実際の買取価格を保証するものではありません。
品物の状態や市場相場により価格が変動いたしますので予めご了承ください。

こんなお悩みございませんか?

  • 持っている下村観山の掛軸がいくらで売れるか値段や買取相場を知りたい
  • 下村観山の古い掛け軸を鑑定してほしい
  • 下村観山の掛軸を売りたいが、どこに持ち込んでいいか分からない
  • 下村観山の作品だと聞いたが、よく分からない掛軸を査定してほしい
  • 故人が大切にしていた下村観山の掛軸を処分したい

ご安心ください!
下村観山買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

査定の流れ

3STEPでカンタン!

1

鑑定をする鑑定士

査定

鑑定歴20年以上の経験豊富な鑑定士がお客様のお品物をしっかり査定します。

2

お見積もりをご提出する鑑定士

お見積り

『古い品物の価値を知りたい…』こんな場合も、お見積りは無料です。万が一、査定価格にご満足いただけない場合でも、キャンセル自由です。

3

買取成立・お支払い

買取成立・お支払い

査定価格に同意いただければ、買取申込書に必要事項を記入いただき、即現金にてお支払いいたします。


創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

下村観山について

大和絵や琳派の技法を取り入れた静謐な作品が人気の巨匠

下村観山(しもむらかんざん)は、明治・大正期に活躍した日本画家です。和歌山県生まれで、生家は代々紀州徳川家に小鼓(幸流 こうりゅう)で使えるお抱え能楽師でした。維新後は一家で東京へ移り、下村観山は祖父の知人である金工師・藤島常興の弟子になりました。その画才を見抜いた藤島常興に日本画家の狩野芳崖(ほうがい)を紹介され、門下生になります。ついで橋本雅邦に師事しました。のちに東京美術学校(東京芸大の前身)に第一期生として入学・卒業。卒業と同時に東京美術学校の助教授になりますが、翌年に辞任。岡倉天心らとともに日本美術院の創設に尽力します。ともに活動した横山大観や菱田春草などと院展に出品し、卓抜した画法で高く評価されました。文部省の命を受けてヨーロッパに留学したあとも文展の審査員をつとめるなど日本画の隆盛に力を注ぎ、1917年(大正6年)に帝室技芸員に任命されました。
下村観山の作風は、大和絵、琳派、宋元画の手法を使ったおだやかなものです。後年は屏風絵を得意とし、モチーフを手前から奥に向かって重ねていく技法などで、伝統的な画風でありながらモダンな斬新性も表現しました。代表作の「白狐」「弱法師(よろぼし)」のように物語性の強い作品も多く、絶妙な色遣いで晩年まで絵筆を振るいました。気品のある作品には熱心なファンが多く、今でも非常に高い評価を得ている日本画家です。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定