沈南蘋の掛軸買取

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

沈南蘋の掛軸買取相場

沈南蘋の掛軸買取価格

*掲載価格は実際の買取価格を保証するものではありません。
品物の状態や市場相場により価格が変動いたしますので予めご了承ください。

こんなお悩みございませんか?

  • 持っている沈南蘋の掛軸がいくらで売れるか値段や買取相場を知りたい
  • 沈南蘋の古い掛け軸を鑑定してほしい
  • 沈南蘋の掛軸を売りたいが、どこに持ち込んでいいか分からない
  • 沈南蘋の作品だと聞いたが、よく分からない掛軸を査定してほしい
  • 故人が大切にしていた沈南蘋の掛軸を処分したい

ご安心ください!
沈南蘋買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ


創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ



沈南蘋について

花鳥画の技法を日本人画家へ伝えた中国の画家

沈南蘋(しん なんぴん/ちん なんぴん 1682-?年)は、中国清代の画家です。約2年に渡って長崎に滞在し、花鳥画の技法を日本人画家たちに伝えました。南蘋の画風の影響を受けた画家には、円山応挙や奇想の画家、伊藤若冲なども含まれています。南蘋は絹織物商の息子に生まれ、成長したのち宮廷画家として清朝に仕えました。来日は、徳川吉宗を長とする時の徳川幕府から招聘されたためです。南蘋の描く彩り華やかな彩色画はたちまち評判になり、南蘋の唯一の直弟子である熊代熊斐(くましろ ゆうひ)は南蘋の技術をより多くの日本人画家に伝えるため、南蘋派を結成しました。熊斐は唐通事(とうつうじ)と呼ばれる中国語の通訳であったために、南蘋から教えを受けることができたのです。南蘋派には、森蘭斎(もり らんさい)、大友月湖(おおとも げっこ)、黒川亀玉(くろかわ きぎょく)などがいます。とはいえ、宮仕えのいわゆる職業画家だったため、文人としての気質を重んじる画家からは批判的に見られることもありました。
南蘋は、弟子2人を伴って1731年12月に長崎を訪れ、1733年9月に帰国しました。帰国後、1760年までは存命していた記録がありますが、それ以降の詳細については知られていません。ちなみに、南蘋作とされているものには工房作や贋作も多く、見極めには慎重な鑑定が必要となります。代表作は、秋田県指定文化財の2幅対掛軸「鶴之図」、神戸市博物館が所蔵している「獅子戯児図」などです。沈南蘋の掛け軸買取や鑑定なら東京の福助へご相談ください。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定