鈴木治の買取

鈴木治:前衛集団の走泥社を結成し抽象的なオブジェをあらわした陶芸家

鈴木治(すずき おさむ 1926-2001年)は、京都の永樂善五郎工房でろくろ職人をしていた宇源治(うげんじ)を父として生まれました。

ちなみに永楽善五郎は、茶道の三千家に出入りを許された職人、いわゆる千家十職(せんけじっしょく)のひとりです。
幼い頃からろくろの手ほどきを受けていた治は、戦後に京都の若手陶芸家が集まって作られた青年作陶家集団に参加、ほどなく解散を機に走泥社(そうでいしゃ)を結成します。

走泥社は、治が八木一夫、山田光らと結成した前衛陶芸集団であり、日本の現代陶芸の礎的存在として知られています。実用品としての陶磁器ではなく、彫刻的なものを主に発表し、これらは「オブジェ焼」というコンセプトとなりました。

走泥社を結成後に治が出品した作品は、器の口を閉じるという実用性の否定を体現したもので、現代陶芸の象徴的な作品のひとつといえます。

その後もオブジェ焼を追求し、自らの作品を「泥像」と呼称、馬をモチーフにした作品など、さまざまな作品を発表しました。
「泥像」は治の造語であり、人や動物、雲や風といった自然現象を泥のかたちであらわすという意味をあらわすものです。
実用品から離れ、オブジェという枠組みをも超えた抽象的な作品は、詩情にあふれる作風によって、高く評価されるものです。

数々の個展を成功させただけでなく、大阪芸術大学京都市立芸術大学で教授を務め、学部長、名誉教授となるなど、後進の指導についても重要な役割をはたしました。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談