鈴木翠軒 買取

鈴木翠軒について

書道教育の整備に尽力した愛知県生まれの書家

鈴木翠軒(すずき すいけん 1889-1976年)は、文化功労者として顕彰された書家です。

愛知県渥美郡(現田原市)に生まれた翠軒は、地元の小学校教員として勤務していましたが周囲の勧めを受けて上京、岐阜県生まれの書家である丹羽海鶴(にわ かいかく)に師事して本格的に書道を学びました。

海鶴は書道教育界に大きく貢献した書家であり、習字教科書の書風改革などもおこなった人物です。

その後ほどなくして二松學舍専門学校に入学し、「現代書道の父」と称される比田井天来(ひだい てんらい)にもその才能を認められます。

書家となってからは、晋代や初唐の楷書の研究を主におこないました。
空海や嵯峨天皇、王羲之(おう ぎし)、良寛の書法に親しみ、力強さと枯淡を併せ持つ佇まいを特徴としています。

翠軒と同じく比田井天来に教えを受け、大阪で甲子書道会を設立した書家、川谷尚亭とは「東に鈴木翠軒、西に川谷尚亭あり」と並び称されることもあり、両者とも書道の一時代を築いた著名人として知られています。

翠軒はまた師匠の海鶴と同様、書道教育の改革に尽力、固定甲種小学書方手本をあらわしました。

さらに文部省中等教員検定試験委員、日展の評議員、審査員、常務理事などを歴任、後進の指導にも務めました。

こうした功績により、1966年に勲三等旭日中綬章を受章、2年後の1968年に文化功労者、後年1974年に勲二等瑞宝章を受章しています。

別号としては送夢や流萍、剪燭庵を用いています。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談