高木治良兵衛の鉄瓶買取

高木治良兵衛の買取相場

品名 買取相場
高木治良兵衛 砲口 鉄蓋 日ノ丸 共箱 1,470,000円
高木治良兵衛 銀滴岩目日ノ丸鉄瓶 共箱 1,050,000円
高木治良兵衛 金銀善寺象嵌銀花摘銀提手 鉄瓶 共箱 938,000円
高木治良兵衛 驛鈴式 獣口 鉄瓶 共箱 540,000円
高木治良兵衛 南鐐松竹地紋真形 鉄瓶 共箱 420,000円
高木治良兵衛 鎚目鐶摘 鉄蓋 丸型鉄瓶 406,000円
高木治良兵衛 荒肌輪線鉄瓶 共箱 385,000円
高木治良兵衛 砲口復生文字地紋純銀摘黄銅蓋樽形 鉄瓶 290,000円

高木治良兵衛の鉄瓶買取価格

*掲載価格は実際の買取価格を保証するものではありません。
品物の状態や市場相場により価格が変動いたしますので予めご了承ください。

こんなお悩みございませんか?

  • 高木治良兵衛の鉄瓶の買取相場を知りたい
  • 高木治良兵衛の作品だと思われる鉄瓶を査定してほしい
  • 高木治良兵衛の銘が入った古い鉄瓶が本物かどうか鑑定してほしい
  • コレクションしていた象嵌入りの高木治良兵衛鉄瓶を、まとめて売りたい

ご安心ください!
高木治良兵衛作品買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

高木治良兵衛の鉄瓶を高く売る方法|買取のポイントは?

高木治良兵衛の鉄瓶を高く売りたいなら、
古美術をよく知り、多数の鉄瓶を査定している買取店に依頼しましょう。

  • 高木治良兵衛作品の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

    価値がわかる目利きに鑑定を依頼

    高木治良兵衛(たかぎ じろべえ)は、江戸時代後期から始まった釜師の家系です。

    初代が釜づくりをはじめ、やがて茶道各流派の好みにあった風炉釜や鉄瓶などを作るようになりました。現在まで六代を数える「高木治良兵衛」は、伝統的な鉄瓶から創意工夫を凝らしたオリジナリティのある鉄瓶まで世に出しています。

    作品によっては古美術品としても価値が高く、買取価格は高めです。売却時には経験豊富なベテラン鑑定士に査定を依頼しましょう。

  • 作者の落款の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

    箱や鑑定書など付属品と一緒に査定

    高木治良兵衛の鉄瓶は、茶道具としても高く評価されています。鑑定額も高額ですから、買取業者の無料鑑定を受けるときには必ず「付属品」も一緒に出しましょう。

    美術品における付属品とは、専用の収納箱や鑑定書、保証書などのこと。もちろん目利き鑑定士は作品の真贋を見分ける力を持っていますから、鉄瓶だけでも正確に査定ができます。

    付属品があればさらに査定額が上がる可能性もあるのです。古い箱や書類は処分せずに鉄瓶本体と一緒に査定に出しましょう。

  • 評判の良い高木治良兵衛の買取店数社で見積もりをとって査定額を比較しましょう

    相見積もりを取って査定額を比較

    高木治良兵衛の鉄瓶を適正価格で売ろうと思うなら、無料査定を依頼するときに、必ず複数の買取店に依頼しましょう。

    複数の見積もりが来ると査定額に差があることで、びっくりするかもしれません。買取店の査定額には固定された基準がなく、店ごとに買取後の販売ルートや客層が異なるからです。

    損をしない鉄瓶買取をしたいなら、手間はかかりますが複数の見積もりをとること。金額を比較して高価買取をしてくれる店を見つけましょう。

高木治良兵衛の鉄瓶買取業者の選び方

高木治良兵衛の鉄瓶作品を売るなら無料査定を実施し、
これまでに多数の作品を買取してきた業者
を選びましょう。

  • 査定は無料のお店を選びましょう

    査定は無料のお店を選びましょう

    高額な高木治良兵衛作品を売却する前に、できれば無料査定ができる買取業者に相談しましょう。買取店の査定は基本的に無料です。

    無料で経験豊富な鑑定士が最新の買取相場に準じた金額を提示してくれます。金額に納得できなければ、査定後に鉄瓶を売却しなくても問題ありませんから気軽に依頼してみましょう。

    ただし買取店の中には高額な「出張費」や「鑑定料」を後から請求する悪質な業者もいます。査定にかかる費用がいくらか、確認してから依頼しましょう。

  • 高木治良兵衛鉄瓶の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

    買取実績が豊富な業者に依頼

    貴重な古美術品・骨董品を売却するときは、買取実績が多い業者を探しましょう。実績が豊富な業者は自社のホームページに高木治良兵衛の作品を掲載していたり、実際の買取金額を公開していたりします。

    所有する鉄瓶と似た形、似たサイズの作品があれば買取金額の目安になるでしょう。また多数の鉄瓶を買取している御者は偽物の見分け方もよく知っていますし、作家ごとの正確な査定をすることも可能です。安心して買取相談を進められるでしょう。

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

高木治良兵衛の買取について

高木治良兵衛(たかぎ じろべえ)は、京都の釜師の家系です。創業は1855年、江戸時代後期から代々つづき、現在は6代目が活躍しています。
初代の高木治良兵衛は「京都三条釜座」に所属する釜師で、同じ釜師の大西浄雪に弟子入りし、高木家には婿養子として入りました。「釜座(かまんざ)」は平安時代から始まったといわれ、茶道が流行した安土桃山時代から名工を輩出し続けてきた伝統ある「座」です。
2代、3代とも著名な文人と交友があり、明治大正の大文人、富岡鉄斎(とみおかてっさい)の画賛入りの釜を製作するようになりました。同時に表千家・裏千家など、茶道の各流派の家元好みの釜を作るようになり、茶道具の世界でも高い評価を得ています。
4代目は彫金の技術を学んだこともあり、それまでの「打肌」の釜から、「挽肌」の釜を作りはじめ、水墨画のような典雅な柄を釜の胴に入れる「波地紋」釜などを作り、京釜の新しい世界を切り開きました。また作品は茶釜にとどまらず、鉄瓶、蓋置、建水などにも力を入れ、金工師として大きく展開していったのです。
現在は5代目の義理の弟にあたる6代目が釜や鉄瓶といった茶道具の制作をしており、伝統的な正統派京鉄瓶を作り出しています。
代々の高木治良兵衛作品の多くには印が打たれており、「治郎兵衛造」または花押印が入っているのが特徴です。茶道具としての価値が高くて人気もあることから、真贋判定が重要な作家のひとり。作品は、作家本人の署名と押印、作品名が書かれている「共箱」付きのものが高額査定されています。

歴代作家の紹介

初代・高木治良兵衛

1828年~1885年
京都の釜師、大西家に師事し、1855年(安政2年)に三条釜坐にて独立、創業。初代の高木治良兵衛となる。

2代・高木治良兵衛、3代・高木治良兵衛

1881年~1957年
茶道具としての評価が高まり、各流派の風炉釜、鉄瓶などの制作が活発になる。
1943年(昭和18年)に「八幡製鉄所大炉の新設記念」初湯にて、鉄瓶や風炉、ごとくを製作。
のち、隠居後は一道を名乗った。

4代・高木治良兵衛

1911年~1996年

従来の釜肌である「打肌」に、「挽肌」の技術を取り入れる。
挽肌の上に地紋で水墨画風の装飾をほどこした、京釜の新しいタイプを制作。
それまでの功績をたたえられ、1985年(昭和60年)に京都府知事から「老舗表彰」を授与された

5代・高木治良兵衛

1941年~1983年
伝統的な京釜、鉄瓶を制作していたが、42歳で急逝する
4代の長男であった

6代・高木治良兵衛

1943年~
5代の義弟にあたり、鎚起師(ついきし)三世「美芳」を継ぐ。京釜・鉄瓶は4代目に師事し、各地で個展を開催。
2005(平成17年)に、京都迎賓館に阿弥陀堂釜・肩付釜をおさめる。
京都金属工芸協同組合理事・京都金属工芸研究会監事を歴任。