高浜虚子 買取

高浜虚子について

「花鳥諷詠」と「客観写生」を唱えた俳人

高浜虚子(たかはま きょし 1874-1959年)は、明治・大正・昭和と3つの時代をまたにかけて活躍した俳人、小説家です。また自筆の書画、俳句は掛軸となって残されています。愛媛県温泉郡(現松山市)に生まれた虚子は、伊予尋常中学校(現愛媛県立松山東高校)で同級だったのちの俳人、河東碧梧桐(かわひがし へきごとう)の紹介によって正岡子規と知り合い、俳句の手ほどきを受けました。「虚子」という号は子規から与えられたもので、本名である清(きよし)の音にちなんだものです。碧梧桐とともに第三高等学校(現京都大学)に進学したものの、勉学よりも放蕩の日々を送ります。しかし卒業後は心機一転、俳人である柳原極堂(やなぎはら きょくどう)が創刊した雑誌「ホトトギス」を引き継ぎ、和歌や散文をくわえて雑誌を大きくさせました。虚子の「ホトトギス」には、夏目漱石も寄稿をしています。
子規の死後は一時俳句から遠ざかり、小説執筆に勤しんでいましたが、のちに俳壇へ復帰。現在よく知られる「花鳥諷詠」、「客観写生」という俳句の理念を掲げました。
花鳥諷詠は、季語を重んじて余韻のある句を詠むべきということ、客観写生は事実をありのままに描写した上で主観をにじませるべきという理念で、これは子規の写生論を虚子流に解釈したものとされています。この意見は長年の友人だった碧梧桐と真っ向から対立しましたが、この対立によって俳壇が活気づいたという側面もあるかもしれません。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談