高橋泥舟の買取

高橋泥舟:勝・山岡とともに幕末の三舟と称された槍術の武士

高橋泥舟(たかはし でいしゅう 1835-1903年)は、勝海舟山岡鉄舟らと共に「幕末の三舟」と呼ばれた武士です。ちなみに鉄舟は、泥舟の妹の英子の婿養子であり、泥舟からみると義弟にあたる人物です。

当時、槍の腕は泥舟の右に出る者はないといわれ、20代の若さで幕府講武所の教授、師範役に任命されました。ちなみに、講武所は旗本や御家人、およびその子弟専門の武芸調練機関です。泥舟は、槍一筋でその師にのぼりつめたのです。

幕末には徳川慶喜から非常に頼られる存在として、江戸無血開城の際も傍に仕えていました。
勝海舟、山岡鉄舟といったほかの「舟」が西郷隆盛ら維新派との会合の矢面に立つ間、泥舟は槍と持ち前の忠義心で将軍を支えていたことになります。
しかし、明治の廃藩置県後は官職につくことなく、書画や骨董の鑑定をする余生を送りました。

泥舟は、実直で武士の心をもつ人物として知られています。鉄舟亡き後の山岡家の借金に関しては、金貸しに「この顔が抵当です」と堂々と言ってのけ、金貸しも「あなたなら欺くようなことはしないでしょう」と納得したというエピソードがあります。

勝海舟は、「槍一つで伊勢守になった男」という言葉で泥舟を評しています。
一行書や五言律詩など、高橋泥舟の掛け軸買取ならお気軽にお問い合わせください。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談