高橋草坪の買取

高橋草坪の買取実績


こんなお悩みございませんか?

  • 持っている高橋草坪の掛軸がいくらで売れるか値段や買取相場を知りたい
  • 高橋草坪の古い掛け軸を鑑定してほしい
  • 高橋草坪の掛軸を売りたいが、どこに持ち込んでいいか分からない
  • 高橋草坪の作品だと聞いたが、よく分からない掛軸を査定してほしい
  • 故人が大切にしていた高橋草坪の掛軸を処分したい

ご安心ください!
高橋草坪買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

高橋草坪について

天才と称された早逝の文人画家

高橋草坪(たかはし そうへい 1804-1835年)は、豊後杵築城下(現大分県杵築市)の商家に次男として生まれました。草坪と名乗る以前には、沢民、六田といった号を用いていました。幼い頃から地元の画家に絵を習い、文人画家である田能村竹田へ弟子入りしました。師匠である竹田に随行するかたちで各地を周遊し、しばらくして京都に身を落ち着けました。のちに尊皇攘夷の思想に大きな影響を与えた「日本外史」の著者である頼山陽(らい さんよう)、書家で儒学者の篠崎小竹(しのざき しょうちく)、自身も文人画家で自宅が文人サロンと化していた岡田半江(おかた はんこう)らと交流し、技術を磨いていきました。特に、中国の古画について熱心に研究していたといわれています。
巧みな構図と繊細な筆致による山水図は当初から天賦の才と高く評価され、竹田のもっとも優れた弟子として知られています。竹田は「竹田荘師友画録」において、草坪の画力を誰も及ばない実力と記し、竹田と親交のあった浦上春琴(うらがみ しゅんきん/浦上玉堂の子)は、彼の作品を中国の明や清の時代の画家が描いたようだと驚嘆しました。師匠の竹田が亡くなる半年前に32歳という若さで病没しましたが、人気の書画家として掛け軸などの作品が現在も広く愛好されています。代表作である「耶馬渓図(やばけいず)」は重要美術品に、「若竹蜻蛉図(わかたけとんぼず)」は山形県の文化財にそれぞれ指定されています。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定