高橋草坪の買取

高橋草坪:天才と称された早逝の文人画家

高橋草坪(たかはし そうへい 1804-1835年)は、豊後杵築城下(現大分県杵築市)の商家に次男として生まれました。
草坪と名乗る以前には、沢民、六田といった号を用いていました。
幼い頃から地元の画家に絵を習い、文人画家である田能村竹田へ弟子入りしました。

師匠である竹田に随行するかたちで各地を周遊し、しばらくして京都に身を落ち着けました。のちに尊皇攘夷の思想に大きな影響を与えた「日本外史」の著者である頼山陽(らい さんよう)、書家で儒学者の篠崎小竹(しのざき しょうちく)、自身も文人画家で自宅が文人サロンと化していた

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談