高山樗牛の買取

高山樗牛:評論や美学研究に取り組んだ早逝の文芸家

高山樗牛(たかやま ちょぎゅう 1871-1902年)は、評論家として明治後期の文芸界を牽引した人物の一人です。
羽前国鶴岡(現山形県鶴岡市)で庄内藩士の子として生まれた樗牛は、高校時代から樗牛の号を用い、同人誌や評論などを発表していました。

東京帝国大学文学科大学哲学科(現東京大学)を卒業後、母校である仙台の第二高等学校に勤務しました。
勤務する以前には、「平家物語」から題材をとった小説「滝口入道」を読売新聞の懸賞に応募して入選を果たしています。これは、樗牛の生前に匿名で発表されたもので、後年、名前が明かされました。

第二高等学校内で校長排斥運動が起こったことをきっかけとして辞職してからは、博文社に入社。
「太陽」編集主幹としてさまざまな評論をあらわしました。病弱であったため、ニーチェが説くところの超人(新しいあり方を体現する人類という概念)に憧れをもっていたといわれています。

1900年には文部省に美学研究の一環として海外留学を命じられますが、送別会後に喀血し留学を辞退、療養生活に入ります。
療養中は、東京大学の講師として日本美術を美学的に研究する講座を受け持っていました。「奈良朝の美術」という論文を発表し、1902年に文学博士号を取得しています。

肺結核が悪化したため、31歳という若さで亡くなりますが、日本や中国の古典の知識が豊富で欧米の思想に通じる人物として周囲に知られていました。原稿は掛け軸として現代に伝わっているものもあります。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談