田能村竹田の買取

田能村竹田:当時の文人画壇を著書にもあらわした画家

田能村竹田(たのむら ちくでん 1777-1835年)は、江戸時代後期に活躍した文人画家です。

竹田以外にも、九畳仙史、竹田老圃、田舎児、雪月書堂など数多くの号を用いていました。

竹田は、豊後国岡藩竹田村(大分県竹田市)で侍医の家に生まれました。
幼い頃から学問に秀でていたといわれています。しかし父の位は武士としてあまり高いものではなかったため家は貧しく、生活は豊かではありませんでした。

絵については地元画家のほか、江戸の谷文晁からも通信教育のように教えを受けていたことが記録されています。
耳と目の持病がありながらも旅行を好み、その生涯で江戸、京都、大阪、長崎とさまざまな場所へ赴きました。

幕府の命によって「豊後国志」の編纂に関わったこともあり、筆まめで文人画以外に多くの著作を残したことも有名です。

日本の文人画について論じた「山中人饒舌」、文人趣味について書かれた「屠赤瑣瑣録(とせきささろく)」は、当時の文人画壇や風俗を知る上での貴重な資料として特によく知られています。

作風は写実的でありながら、画家の表現したい思いや事物の本質をとらえてあらわすという「写意」をよく表現したものです。37歳で隠居をし、晩年にかけて繊細で趣深い作品を積極的に制作しました。

代表作は重要文化財に指定されている「梅花図」、「梅花書屋図」、重要美術品とされている「煙霞帖(えんかじょう)」、「松渓載鶴図(しょうけいさいかくず)」などです。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談