田崎草雲の掛軸買取

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

田崎草雲の掛軸買取相場

田崎草雲の掛軸買取価格

*掲載価格は実際の買取価格を保証するものではありません。
品物の状態や市場相場により価格が変動いたしますので予めご了承ください。

こんなお悩みございませんか?

  • 持っている田崎草雲の掛軸がいくらで売れるか値段や買取相場を知りたい
  • 田崎草雲の古い掛け軸を鑑定してほしい
  • 田崎草雲の掛軸を売りたいが、どこに持ち込んでいいか分からない
  • 田崎草雲の作品だと聞いたが、よく分からない掛軸を査定してほしい
  • 故人が大切にしていた田崎草雲の掛軸を処分したい

ご安心ください!
田崎草雲買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ


創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ



田崎草雲について

雄大かつ繊細な作風で詩情をあらわした南画の大家

田崎早雲(たざき そううん)は幕末に足利藩の武士の子として生まれました。幼少期は親族の金井烏洲(かないうじゅう)に絵画を学び、青年期には谷文晁(たにぶんちょう)・渡辺崋山(わたなべかざん)に師事しました。足利藩の絵師になるものの脱藩し、幕末の動乱の中で足利を守るために民兵組織をつくるなど、いったんは画業から離れました。維新後は画業に復帰し、中国画の流れをくむ南画(文人画)を多く描きました。その作風はリアリズムよりも精神性を重視したもので、代表作の一棹揺山(いっとうようざん)は、山あいの川を一艘の舟がゆるやかに進む様子を描いたものです。余白を広く使うことで画面に奥行きを作り、山河と舟、船上の人というシンプルなモチーフを詩情ゆたかに表現しています。中国発祥の文人画のなかに、田崎早雲ならではの斬新な感覚を持ち込んだ名品です。田崎早雲は、明治23年(1890年)75歳の時に森寛斎らとともに帝室技芸員に任命されました。この年は帝室技芸員制度がスタートした初年であり、田崎早雲が当時の美術界で高く評価されていたことがよくわかります。そして明治31(1898)年に84歳で亡くなるまで、地元の足利で画業に専念しました。
田崎早雲の作品は清浄な風格と幅広い作風で、国内だけでなく海外でも高く評価されています。スケールの大きさと繊細をあわせ持った作品が多く、現在でも人気のある日本画家です。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定