俵屋宗達の買取

俵屋宗達:伝統の新解釈で独自の世界を築いた琳派の祖

俵屋宗達(たわらや そうたつ ?-?年)は、江戸時代初期に活躍した画家です。
野々村宗達という通称名があり、「伊年」や「対青軒」などの号を用いました。
宗達の生涯は謎に包まれていますが、当時の絵画工房として機能していた絵屋「俵屋」を率いる存在であったこと、扇絵や屏風絵といった作品をよく手がけたことが分かっています。

日本の風景や風俗を描いた大和絵を大胆に再解釈し、これまでに見られなかった意表をつく構図で人々を魅了しました。
薄色の絵の具が乾かないうちに濃色の絵の具を塗り重ねてにじみを表現する「たらしこみ」という技法を用いることで、躍動感や独特の世界観を表現しました。「たらしこみ」という表現を初めて意図的におこなったのは、宗達だとされています。

また、町の絵師でありながら陶芸や書に通じるなど教養は非常に高く、茶の湯を嗜み、当時の茶人を招いたとされています。
当世の文化人として名を馳せた本阿弥光悦(ほんあみ こうえつ)や烏丸光広(からすまる みつひろ)らの書に下絵を描いたことも知られており、「鶴下絵和歌巻」や「蓮下絵和歌巻断簡」は、下絵を宗達が、書を光悦が手がけた作品として特によく知られています。

のちに、尾形光琳が宗達の作品に深く傾倒したため、現在では琳派の祖としてうたわれています。
国宝には「風神雷神図」、「蓮池水禽図」、「源氏物語関屋及び澪標(みおつくし)図」があり、重要文化財には「西行法師状絵詞」、「牛図」などが指定されています。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談