天賞堂(銀座)の銀瓶買取

天賞堂(銀座)の銀瓶の買取相場

品名 買取相場
天賞堂 純金菊御紋 湯沸 銀瓶 伏見宮博義王殿下御下賜 910,000円
純銀菊御紋章銀瓶湯沸 天賞堂 長養斎 銀瓶 560,000円
純銀 天賞堂 長養斎 純金菊御紋章貼付象嵌湯沸 銀瓶 540,000円
純銀 天賞堂 菊紋彫金長翁斎 湯沸 銀瓶 390,000円
純銀 天賞堂 長養斎 関口真也 山水彫 湯沸 銀瓶 350,000円
天賞堂 茄子形 銀瓶 純銀 350,000円
天賞堂 一則刻瓢箪形銀瓶 純銀 300,000円
天賞堂 菊四角面急須 純銀 銀瓶 225,000円

天賞堂(銀座)の銀瓶買取価格

*掲載価格は実際の買取価格を保証するものではありません。
品物の状態や市場相場により価格が変動いたしますので予めご了承ください。

こんなお悩みございませんか?

  • 遺品の古い天賞堂(銀座)作品を処分したい
  • 所有している天賞堂(銀座)の銀瓶が幾らくらいで売れるかどうか査定してほしい
  • 亡父が集めていた天賞堂(銀座)の買取相場が知りたい
  • コレクションしていた天賞堂(銀座)の銀瓶を、まとめて売りたい

ご安心ください!
天賞堂(銀座)買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

天賞堂(銀座)の作品を高く売る方法|買取のポイントは?

天賞堂の銀瓶を売却する時は、
共箱やギャランティカードを忘れずにそろえて依頼しましょう。

  • 天賞堂(銀座)の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

    価値がわかる目利きに鑑定を依頼

    天賞堂(銀座)は、明治12年に創業された、時計・貴金属・模型の製造、販売会社です。既製品のほかに、企業向けのトロフィー、金杯なども手がけていて、銀座の老舗という称号にふさわしいお店です。

    売却する際は、その天賞堂の価値を知っている骨董品取り扱い店に申し込みましょう。

    銀製品の鑑定に慣れた、実績の豊富な鑑定士のいる買取店がおすすめです。

  • 作者の落款の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

    箱や鑑定書など付属品と一緒に査定

    天賞堂は、明治から銀座の続く老舗企業です。商品は時計・貴金属から法人向けのグッズ製作、鉄道模型まで幅広く、長い歴史の中で数々の大企業と取引をしてきました。

    査定の際は、銀瓶や銀製品がどんなアイテムであるか確認できるよう、共箱やギャランティカードをつけて見積もりしてもらうのが良いでしょう。

    共箱や保証書は、製品が本物であるという証明になりますし、銀の含有率なども記載されています。

  • 評判の良い天賞堂の買取店数社で見積もりをとって査定額を比較しましょう

    相見積もりを取って査定額を比較

    天賞堂の銀瓶や銀製品をできるだけ高く買い取ってもらいたい、そう思ったら買取価格の相見積もりを取り寄せてみてください。見積もりは店舗のほか、メールやLINE査定でも可能な場合があります。

    買取相場は変動しやすく、また店舗によって金額も変わるので、見積もりで得られた査定額を検討してみてください。

    東京都内の買取業者は、多くの場合、無料見積もりを実施しているので安心ですよ。

天賞堂の買取業者の選び方

天賞堂(銀座)の銀瓶や銀製品を安心して高く手放すために気をつけるポイントは、
次の2つです。

  • 査定は無料のお店を選びましょう

    査定は無料のお店を選びましょう

    銀瓶や銀製品は、希少性や銀の含有率によって査定額が決まります。
    無料査定を依頼して、お手持ちの製品がいくらくらいになるのか、まずは知ることから始めてみませんか。

    申し込む時には、「査定の流れ」と「鑑定に必要な費用」を確認しておくと安心です。

    ほとんどの場合は無料で査定が行われますが、遠方や大量売却となると、出張費や手数料が必要になる可能性もあります。

  • 天賞堂の銀瓶の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

    買取実績が豊富な業者に依頼

    銀瓶の買取実績は、ネット検索で調べられます。銀瓶だけでなく、煎茶道具の買取実績や、天賞堂の製品買取について調べてみるのも良いかもしれません。

    いきなり買取を申し込むのではなく、買取実績を事前リサーチして鑑定経験の豊富な買取店をピックアップすることで、安心して査定に進めるはずです。

    銀瓶は、美術工芸品としての価値、銀製品としての価値の両面で査定される可能性があるので、よく調べてみることをおすすめします。

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

天賞堂について

天賞堂は、明治から続く時計、宝飾品、鉄道模型の販売店です。
明治時代の顧客には、尾崎紅葉や伊藤博文などの偉人が名を連ねていて、夏目漱石、永井荷風の随筆にも高級店として「天賞堂」の名前が登場します。
皇室への献上品も数多く、日本を代表する老舗企業といって良いでしょう。

天賞堂が高級店としての地位を長く保っている秘訣に、モットーである「商道先駆」があります。これは、時代に先駆けた製品を積極的に見つけて販売するという意味があり、実際に天賞堂は日本初となる販売事業をいくつも成功させてきました。日本で初めて貴金属の通信販売を手がけたのは天賞堂であり、始めてダイヤモンドやサファイヤ、ルビーといった宝石の輸入販売を行なったのも天賞堂です。

また、銀製品についても明治時代から続く歴史があります。
皇室への献上品だけでなく、記念カップや優勝杯といったオリジナル製品の受注も多く、そこで培われたノウハウを生かしたゴルフ製品「シルバーパター」もよく知られています。

さらに、日本の伝統工芸である漆を時計の文字盤に取り入れるなど、天賞堂は日本の工芸界にとっても先駆的な存在となっています。
令和3年に開催されたJTCW(JAPAN TRADITIONAL CRAFTS WEEK)では、江戸時代の伝統的技法を盛り込んだ「東京銀器」を出品、現在も第一線で多様な事業を展開しています。

天賞堂の略歴

略歴
明治12年 印房店(はんこを彫る工房)として銀座で創業
明治15年 日本初の貴金属通信販売をスタートさせる
明治23年 明治天皇の御璽を賜る
明治24年 日本発の高級宝石(ダイヤモンド、サファイヤ、ルビーなど)輸入販売をスタートさせる
明治27年 明治天皇銀婚式の献上品「純銀置物」を承る
明治34年 大正天皇のご婚約献上品を承る
明治36年 日本初、レコードプレーヤーの販売を行う
昭和4年 日本初の電気時計販売を行う
昭和24年 鉄道模型の販売をスタートさせる
昭和31年 立川米軍基地へ出店する
昭和43年 ワールドレディースゴルフチャンピオンシップの記念品「ダイヤ入り金製パター」を納入する
昭和50年 ゴルフブームで記念カップの製作が相次ぐ
昭和52年 総理府へ国民栄誉賞を納入
平成9年 天賞堂のシンボルとなる天使像が設置される
平成15年 銀製品作りのノウハウを生かして「シルバーパター」を開発、販売
平成18年 WBC日本代表チーム優勝記念チャンピオンリングを製作
平成26年 経産省支援「JAPANブランド伝統工芸文字盤展」を開催する
平成31年 創業140年、社屋建て替えに伴い時計・ジュエリーと鉄道模型店舗を分割する