徳岡神泉 買取

徳岡神泉について

奥深い写実性が特徴の神泉様式を確立させた日本画家

徳岡神泉(とくおか しんせん 1896-1972年)は、京都写生派の流れをくみつつ、奥深く味わいのある独自の画風を確立した文化勲章受章の日本画家です。彼の作風は神泉様式と呼ばれました。京都府京都市に生まれた神泉は、戦前の京都画壇を代表する近代日本画家である竹内栖鳳(せいほう)のひらく画塾に入会し、絵画を学びました。入学した京都市立美術工芸学校絵画科では、卒業制作「寒汀」が学校買い上げ作品になるほど優秀で、在学中はたびたび表彰されていたといわれています。しかし、京都市立絵画専門学校(現京都市立芸術大学)に入学してからは、当時画家の登竜門とされてきた文部省美術展覧会(文展)において次々に出展作が落選するなど、挫折の日々を送ることになります。同級生が入選して画家となっていく中で神泉は苦しみ、一時は人と会うのを拒否するほど孤立して寺を転々とするなど、芸術の道を模索していました。その後、改めて栖鳳の画塾に戻って原点に立ち返った神泉は、初出展からおよそ12年後となる1925年に帝展(新文展/日展)に入選を果たし、画家としての地位を確立しました。ちなみに、1939年に出展した「菖蒲」は文部省買い上げ作品になっています。
対象の内面までをも写生するような抽象性を感じさせる作品は掛軸として描かれたものもあり、唯一無二の画風として絶賛され一時代を築きました。神泉の作風の大きな特徴とされる繊細な地塗りが、対象に浮遊感を与え、不思議な味わいをかもしだしています。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談