富本憲吉の買取

富本憲吉:工芸思想にふれ、金銀彩や羊歯文様を確立した人間国宝

富本憲吉(とみもと けんきち 1886-1963年)は、奈良県生駒郡(現安堵町)出身の陶芸家です。重要無形文化財「色絵磁器」保持者、いわゆる人間国宝として知られています。

裕福な地主の家に生まれて幼少から絵に親しんだ憲吉は、東京芸術学校(現東京芸術大学)に進学します。
大学では室内装飾について学び、粗悪な製品に満足せず生活と芸術を一体化すべしというウィリアム・モリスの工芸思想にふれてイギリスへも留学しました。

写真助手などを勤めながらロンドン、インドに滞在しましたがほどなく帰国、清水組(現清水建設)に入社して短期間勤務しています。

故郷で簡易的な窯を作って陶芸に着手するのは、バーナード・リーチと出会ったあと、大正のはじめ頃です。当時来日していたリーチが陶芸に熱を入れていたため、その影響から興味をもったといわれています。

日本各地の窯場や朝鮮半島まで足を伸ばし、独学で技術を習得した憲吉の制作時期は、奈良で白磁の焼成を実現させた期間を「大和時代」、世田谷に移住してからの期間を「東京時代」、戦後に家族と別れて京都へ居を移してからを「京都時代」と呼んで区別することもあります。

京都時代では、金銀彩という手法を確立させました。これは色絵と金銀を同時に焼き付ける技法です。
また、この頃には羊歯文様など独自の作陶様式を確立した期間でもあります。
ちなみに、妻は「青鞜」に寄稿していた尾竹一枝(筆名は紅吉)で、長男は「家政婦は見た!」で知られる映画監督・TV演出家の富本壮吉です。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談