二代・平安東福寺 買取

二代・平安東福寺の買取実績

こんなお悩みございませんか?

  • 遺品の古い二代・平安東福寺を処分したい
  • 所有している二代・平安東福寺が幾らくらいで売れるかどうか査定してほしい
  • 亡母が集めていた二代・平安東福寺の買取相場が知りたい
  • コレクションしていた二代・平安東福寺を、まとめて売りたい

ご安心ください!
二代・平安東福寺買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

「こんな質問や相談をしても大丈夫?」と悩む前に、まずはお電話ください。

0120-777-064電話をかける
お問合せ

二代・平安東福寺を高く売る方法

二代・平安東福寺を売却するときは、
盆栽鉢の買取相場をよく知る鑑定士に査定を依頼しましょう。

高く売る方法

二代・平安東福寺作品の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

福助
福助
二代・平安東福寺(にだい・へいあんとうふくじ)は昭和時代の盆栽鉢作家です。初代・平安東福寺の息子にあたり、初代の没後に名を継ぎました。

熱心に初代の作品を研究し、のちに自分の作風を模索している途中で亡くなったのが惜しまれています。

初代の多彩な作風に学び、二代としての評価も得ているため、作品は高価買取の対象。お手元の二代・平安東福寺の作品を売却するときは、盆栽の世界に詳しい鑑定士に相談しましょう。


作者の署名の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

福助
福助
二代・平安東福寺の盆栽鉢を査定に出すなら、箱や鑑定書などの付属品も一緒に出しましょう。

有名な作家の手による盆栽鉢はコレクターがいる人気アイテム。買取価格は高額ですし、目利き鑑定士による真贋判定も必要になります。

二代・平安東福寺の盆器には落款が押されていますが、落款はコピーすることもできますから落款だけでは本物だと言えません。

付属品一式がそろっていることで真贋が分かり、鑑定額が上がることもあります。


評判の良い二代・平安東福寺の買取店数社で見積もりをとって査定額を比較することをオススメ

福助
福助
初代・二代ともに、平安東福寺の盆栽鉢は人気の品です。適正価格で売却しようと思うなら、複数の買取店から見積もりをとって金額を見比べましょう。

二代・東福寺の盆栽鉢が欲しい買取店は高い鑑定額を出します。複数の見積もりを取れば、高価買取ができる店を探せるのです。

二代・平安東福寺の作品を売る時は無料鑑定を受けて買取価格を比較し、どの店に売るべきか、じっくりと検討する時間をとりましょう。


信頼できる二代・平安東福寺の買取業者の選び方

二代・平安東福寺の売却先には、盆栽関連の品を無料鑑定でき
多数の買取実績がある業者を選びましょう。

信頼できる買取業者の選び方

査定は無料のお店を選びましょう

福助
福助
盆栽関係の品物のなかには、買取相場が高いものがあります。盆栽鉢もそのひとつです。

盆栽鉢の無料鑑定を実施している買取業者は多数の鉢を鑑定していますので、どのような作品が高く売れるのか、ネームバリューのある作家はだれか、をよく知っています。

たとえば、ごくやわらかい緑釉の鉢は木との相性がいいために愛好家に好まれる色です。いい買取店は無料鑑定でも作品の価値を見極めてくれますから、安心してまかせましょう。


二代・平安東福寺の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

福助
福助
二代・平安東福寺の売却では、買取実績の多い業者に査定を依頼・買取してもらうのがおススメです。業者の買取実績はホームページで確認できます。

ホームページ内で多数の盆栽鉢を紹介していたり、盆栽関係のコラムを掲載していたりする業者は最新の買取相場にも精通しているでしょう。

査定が正確で鑑定額も高い傾向にあります。またネット上のクチコミでは買取業者の評判もわかるので安心。査定依頼前にチェックしましょう。



0120-777-064電話をかける
お問合せ

二代・平安東福寺について

二代・平安東福寺(にだい・へいあんとうふくじ)は、大正8年生まれの盆栽鉢作家です。本名を「水野勇」といい、父親は盆栽鉢の有名作家である初代・平安東福寺。

二代・平安東福寺の作家としての活動時期は決して長くなく、最初は昭和7年ごろから昭和14年までの時期。それ以後は昭和45年の初代がなくなった後の時期です。

作家としては、まず父親である初代の盆栽鉢の研究からはじめました。土や釉薬を研究し尽くしてからようやく二代目として独自の作風を模索。

そのため制作活動の初期の作品は、自らの作風を模索するというより初代の影響を濃厚に受けている傾向が見られます。

盆栽鉢の形や釉薬の選び方、使い方、作品全体が醸し出す雰囲気などが初代と酷似している鉢が多いのです。

作家本人が意識的に初代の作品に寄せている部分がある一方、その影響から抜け出そうとしている作品も多く、「二代・東福寺の作品」としての出来栄えを評価されているものも少なくありません。

なお現存する二代・平安東福寺の作品には「二代」「勇作」の落款と、初代の落款を併用してあるものがあります。

ほかに「平安東福寺」だけの落款を押したものもあり、初代のものか二代のものかを見分ける鑑定眼が必要とされます。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談