平安東福寺 買取

平安東福寺の買取実績

こんなお悩みございませんか?

  • 遺品の古い平安東福寺を処分したい
  • 所有している平安東福寺が幾らくらいで売れるかどうか査定してほしい
  • 亡母が集めていた平安東福寺の買取相場が知りたい
  • コレクションしていた平安東福寺を、まとめて売りたい

ご安心ください!
平安東福寺買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

「こんな質問や相談をしても大丈夫?」と悩む前に、まずはお電話ください。

0120-777-064電話をかける
お問合せ

平安東福寺を高く売る方法

平安東福寺の盆栽鉢を高く売りたいなら盆器に詳しく
盆栽の品を正しく査定できる鑑定士に依頼しましょう。

高く売る方法

平安東福寺作品の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

福助
福助
平安東福寺(へいあんとうふくじ)は、昭和時代に活躍した伝説の盆栽鉢作家です。やわらかい色あい、独創的な形が盆栽を引き立てるため、「鉢うつりがいい」と言われます。

生涯に数万点もの盆栽鉢を制作した多作家で、没後に人気が上がりはじめました。とくに緑釉を得意とし、深みと光沢のあるグリーンの盆栽鉢は高価買取の対象。

お手元の平安東福寺の盆器は、かならず価値の分かる目利き鑑定士に査定を依頼しましょう。


作者の署名の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

福助
福助
高額で売買される平安東福寺の盆栽小鉢。査定のときは、箱や鑑定書、ギャランティカードなども一緒に出しましょう。

平安東福寺はいまも非常に人気が高く、買取相場は高額です。高く売れるため、市場には多数の偽物が流通しています。

ベテランの買取業者はさまざまなチェックポイントをみて作品の真贋判定をしますが、鑑定書や保証書があれば参考になるでしょう。

作品が入っていた箱や書類は処分せずに保管しておきましょう。


評判の良い平安東福寺の買取店数社で見積もりをとって査定額を比較することをオススメ

福助
福助
平安東福寺の盆栽鉢を売却するときは、複数の評判がいい買取店から見積もりを取りましょう。無料査定で提示される買取価格を見比べるためです。

平安東福寺は盆栽の世界では知らぬ人のいない有名作家ですが、買取店によっては盆栽関連品の買取が少ないところもあります。

貴重な平安東福寺の作品でも店によってはそれほど高い鑑定額をつけないケースも見られるのです。納得の売却のためにも、見積もり比較をお忘れなく。


信頼できる平安東福寺の買取業者の選び方

平安東福寺の査定は、盆栽関係の品を無料鑑定している業者
過去の買取実績の豊富な業者に依頼しましょう。

信頼できる買取業者の選び方

査定は無料のお店を選びましょう

福助
福助
価値ある平安東福寺の盆栽小鉢。安心して売却したいなら無料鑑定を実施している買取店に頼むことです。

平安東福寺の作品は作風が多様であるため、鑑定が非常に難しいと言われます。売買されている作品数も多いですし、息子である二代目・平安東福寺の作品と見分ける必要もあるからです。

多数の作品を無料鑑定している鑑定士に依頼すれば納得して売却ができます。ほとんどの買取店が鑑定料をとりませんからご安心を。


平安東福寺の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

福助
福助
平安東福寺の作品はかなりの数の偽物が出回っています。買取実績が豊富な買取店に査定をしてもらい、買取相場にみあった買取価格を提示してもらいましょう。

平安東福寺の場合、初代と二代では鑑定額に差があります。また初代の作品でもサイズや色によって評価が変わりますから、実績が多い業者が安心なのです。

買取店のホームページで「平安東福寺」の作品が多数紹介されていれば、安心の買取業者だと言えるでしょう。



0120-777-064電話をかける
お問合せ

平安東福寺について

平安東福寺(へいあんとうふくじ)は、明治23年に京都で生まれた盆栽鉢作家です。盆栽鉢の作家としては最も知られ、最も人気のある作家のひとり。

もともとの家業は梳櫛(すきぐし)屋でしたが、30代半ばごろより趣味で盆栽をはじめ、おなじ時期に盆栽鉢の制作も開始。40歳になるころには本格的に盆栽鉢づくりを本業とすることとなりました。

平安東福寺の盆器の特徴は、作品スタイルの多彩さ。生涯にわたって、自身の窯を持たずに窯を借りるスタイルだったため盆器の形や釉薬のバリエーションが豊富です。

たとえば昭和20年代ごろまでは東本願寺内の窯や東山・柳屋窯(月輪製陶所)の登り窯を借りて制作。以後も各地の窯を利用する方法で作品を作り続けました。

ほとんどの作品が登り窯で作られていることから鉢ごとに釉薬の変化が見られ、作品ひとつひとつに見ごたえがあるのも特徴。

また器としての評価だけでなく、実際に盆栽を植えると非常に見栄えがするため、実用性も高い盆栽鉢です。

平安東福寺は多作の作家でもあり、大小さまざまなサイズの盆器が現在でも数万点も残されています。

昭和45年に亡くなりましたが今もなお盆器としての人気は高く、どの作品も高値で売買される逸品です。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談