坪内逍遥の掛軸買取

坪内逍遥:演劇と小説の近代化に貢献し、シェークスピアを翻訳した作家

坪内逍遥(つぼうち しょうよう 1859-1935年)は、劇作家、翻訳家としても功績を残した小説家です。

別号として古歌にちなんだ「春のやおぼろ」、「春のや主人」を用いることもありました。号にちなんだ古歌を逍遥がしたためた肉筆の掛軸も残されています。

美濃国加茂郡(現岐阜県美濃加茂市)に生まれた逍遥は、父から漢学の知識を与えられ、母の影響から俳諧、和歌、読本に親しみながら成長しています。幼い頃は、特に母のすすめから滝沢馬琴を好んだといわれています。

愛知県外国語学校(現愛知県立旭丘高等学校)を経て、東京開成学校、東京大学文学部へ入学、西洋文学を学びました。

卒業後は、講師業のかたわらでウォルター・スコット「湖上の美人」、シェイクスピア「ジュリアス・シーザー」などの翻訳を手がけました。新歌舞伎である「桐一葉」、「お夏狂乱」などを執筆し、日本の演劇近代化において大きな役割を果たしています。

また、評論「小説神髄」において、小説はまず人情を描いて次に世態の描写をすべきという心理的写実主義を披露、日本近代文学に大きな影響を与えました。

この持論にのっとり、春のやおぼろ名義で書かれた作品が小説「当世書生気質」です。

しかしこの作品は劇作の影響から抜け出しておらず、心理的写実主義の作品としては不完全という意見もあります。

逍遥の述べる小説論は、彼に影響を受けた二葉亭四迷のあらわした言文一致体の小説「浮雲」によって体現されました。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談