藤田嗣治買取

藤田嗣治の買取実績

こんなお悩みございませんか?

  • 遺品の古い藤田嗣治を処分したい
  • 所有している藤田嗣治が幾らくらいで売れるかどうか査定してほしい
  • 亡母が集めていた藤田嗣治の買取相場が知りたい
  • コレクションしていた藤田嗣治を、まとめて売りたい

ご安心ください!
藤田嗣治買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

「こんな質問や相談をしても大丈夫?」と悩む前に、まずはお電話ください。

0120-777-064電話をかける
お問合せ

藤田嗣治作品を高く売る方法

藤田嗣治を高く売るには、現代絵画にくわしい買取業者に査定を受け、
買取価格の高い業者に頼みましょう。

高く売る方法

藤田嗣治の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

福助
福助
藤田嗣治は、日本が生んだ世界的な有名画家です。パリに渡った藤田嗣治は、30~40代という脂の乗り切った時期に精力的に活動し、エコール・ド・パリを代表する作家となりました。

藤田の作品は独特の乳白色が特徴。日本画の技術とフランス絵画のテイストを取り込み、幻想的な少女像や自画像を多数残しています。

買取相場は高額でしたが、近年はさらに上昇傾向。損をしないためにも、売却時には信頼のおける鑑定士に依頼しましょう。


作者のサインの入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

福助
福助
有名作家の作品には、鑑定書や保証書といった付属品がついているのがふつうです。オリジナルの額や箱に作家本人のサインが入っていることもあります。

付属品は、作品が本物であるという保証なのです。付属品がなくても絵画の買取はできますが、高価買取は難しいでしょう。

藤田嗣治の作品では、鑑定書など付属品一式がそろっている点も重視されるからです。売却前に、書類・箱は処分しないこと。一緒に査定に出しましょう。


評判の良い藤田嗣治の買取店数社で見積もりをとって査定額を比較することをオススメ

福助
福助
藤田嗣治の作品を売るときは、複数の買取店から見積もりを取って査定額を比較しましょう。査定額は店ごとにちがいます。

たとえば藤田作品では少女と猫が人気のモチーフなので、絵画作品に詳しい買取業者は高額でも買い取ります。高くても、販売ルートが確立しているので買取店は損をしないとわかっているからです。

見積もりを比べれば、藤田作品に強い買取店が見えてきます。高価買取ができる業者に売ればいいのです。


信頼できる藤田嗣治の買取業者の選び方

高額な藤田嗣治の作品は、無料で鑑定でき、
これまでに多数の藤田作品を買取している業者に売却しましょう。

信頼できる買取業者の選び方

査定は無料のお店を選びましょう

福助
福助
デッサン、リトグラフなど藤田嗣治の作品を売却するときには、無料査定を実施している買取業者にお願いするのが鉄則。業者による査定・鑑定は、その時点での買取価格を提示するための査定ですから、お金はもらわないのが一般的です。

遠方への出張査定では鑑定士の交通費が必要なこともありますが、あくまでも実費の範囲内ときまっています。逆に鑑定料や出張費を請求するのは悪質な業者。事前に査定費用を確認しましょう。


藤田嗣治の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

福助
福助
高額な藤田嗣治の絵画を売るなら、過去の買取実績が豊富な業者を見つけることです。人気の藤田作品を多数買取している業者は真贋判定の目利きでもありますし、査定額も信用できます。

具体的な買取実績は、業者のホームページで確認しましょう。業者の評判もネットの口コミで見ておくのもおすすめ。

評判がよくて、藤田嗣治の絵画を多数買取している業者なら、安心して売却の相談を始められます。業者に関する下調べも重要なのです。



0120-777-064電話をかける
お問合せ

藤田嗣治について

藤田嗣治(ふじた つぐはる 1886-1968年)は、日本で生まれ、フランスに帰化した画家です。
帰化後はレオナール・フジタという洗礼名を用いました。

嗣治は森鴎外の後任として陸軍軍医総監まで昇りつめた父をもち、東京市牛込区(現新宿区)に生まれました。

子どもの頃から絵画に親しみ、森鴎外の薦めも手伝って東京美術学校(現東京芸術大学)に進学しますが、当時の校風とは対極の画風だった嗣治の成績はふるいませんでした。
在学中は、展覧会でも無視される日々を過ごしています。

不遇の時を過ごした嗣治はパリへ飛び、モンパルナスに住まいをもって才能を開花させます。
ここでモディリアーニやピカソ、同時期に渡仏していた島崎藤村らと出会い、キュビズムやシュールレアリスムといった新しい技法にもふれます。

ちなみに、この頃はフランス人にも発音しやすいように、自分の名前を「ツグジ」と読ませていました。

モンパルナスに住み始めてから1年後に勃発した第一次大戦によって生活は困窮しますが、戦後の好景気に乗る形で成功します。

この頃に発表した透き通るような白の表現は、熱狂的な支持を集めました。
しかし、第二次世界大戦によって日本へ帰国せざるを得ず、また日本では戦争協力者として批判を浴びる立場に追い込まれてしまいます。

日本に受け入れられなかった嗣治は終戦後にフランスへ帰化、日本国籍を抹消しました。
戦争に翻弄された嗣治ですが、その絵画は高く評価され、フランス政府からはレジオン・ドヌール勲章シュバリエ章、日本政府からは勲一等瑞宝章を贈られています。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談