月之輪湧泉 買取

月之輪湧泉の買取・査定実績

こんなお悩みございませんか?

  • 遺品の古い月之輪湧泉を処分したい
  • 所有している月之輪湧泉が幾らくらいで売れるかどうか査定してほしい
  • 亡母が集めていた月之輪湧泉の買取相場が知りたい
  • コレクションしていた月之輪湧泉を、まとめて売りたい

ご安心ください!
月之輪湧泉買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

「こんな質問や相談をしても大丈夫?」と悩む前に、まずはお電話ください。

0120-777-064電話をかける
お問合せ

月之輪湧泉を高く売る方法

月之輪涌泉の盆栽鉢を売る時は、
盆栽関係の買取相場に精通している目利き鑑定士に査定してもらいましょう。

高く売る方法

月之輪湧泉の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

福助
福助
月之輪涌泉(つきのわゆうせん)は、昭和時代に活躍した盆栽鉢作家です。もともと陶芸の家系に生まれ、清水焼の工房で修行をし、陶芸家で人間国宝の石黒宗麿に弟子入りするなど高い技術を持っていました。

絵付け盆栽鉢の最高峰とも言われ、巧みな筆遣いで今も人気の高い作家です。お手元に月之輪涌泉の作品があり、売却を検討されているなら、盆器にくわしい目利き鑑定士に査定を依頼しましょう。


作者の署名の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

福助
福助
月之輪湧泉のような人気作家の品を査定に出すなら、かならず付属品もつけて出しましょう。付属品とは盆栽鉢についている鑑定書や保証書、作家の落款や署名入りの木箱のことです。

作品の出所を明らかにするもので、買取業者にとっては鑑定額を決めるうえで参考になる重要な要素。

作品が偽物ではないという証拠になりますから、無料査定を受ける前に付属品はすべて探し出しておきましょう。


評判の良い月之輪湧泉の買取店数社で見積もりをとって査定額を比較することをオススメ

福助
福助
月之輪湧泉の盆器は市場価値が高く、買取相場もとても高額です。査定を頼むときは、一か所の買取店だけではもったいないかもしれません。

出来れば複数の評判がいい買取店に無料鑑定してもらい、その時の買取価格を聞いてみましょう。買取価格は時期によっても変動しますし、買取業者によっても異なります。

損をしないで売却するには、売却時点での見積もりを比較して、一番高い買取店を探すことが重要なのです。


信頼できる月之輪湧泉の買取業者の選び方

高価買取になる月之輪湧泉。売却するなら無料鑑定を実施し、
多数の買取実績がある業者を選びましょう。

信頼できる買取業者の選び方

査定は無料のお店を選びましょう

福助
福助
高額な盆栽鉢の査定は、無料鑑定を実施している買取店に依頼しましょう。買取店の査定は、基本的には鑑定料不要の無料鑑定です。目利き鑑定士が真贋判定をしたうえで買取価格を出してくれます。

所有する盆器の価値を知っておくためにも、売却予定がなくても無料査定を受けておくといいでしょう。査定額は流動的ですが、大体の目安価格を知ることで実際に作品を売却するときの目安になります。


月之輪湧泉の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

福助
福助
盆栽小鉢の売却先に迷っているなら、過去に多数の盆器を買取している業者を選びましょう。買取業者が運営するホームページをみると、これまでに買取した作品が紹介されています。

絵画や茶道具とならんで、盆栽関係の品物が多くあったり盆栽鉢の買取実績が多かったりする業者は、最新の買取相場に照らして鑑定額を提示できるのです。

大事な盆栽鉢の売却ほど、買取店の事前リサーチに時間をかけましょう。



0120-777-064電話をかける
お問合せ

月之輪湧泉 買取の高価買取なら東京大田区の福助にご依頼ください。

鑑定歴20年以上の確かな実績で相場を熟知した鑑定士が、お客様の大切な月之輪湧泉 買取の価値を査定いたします。

福助では、幅広いジャンルの美術骨董品の買取・査定が可能です。作家や価値の分からない作品の査定や、不要な絵画・掛軸などの処分・売却をお考えなら、無料の出張・宅配買取にも対応しておりますのでお気軽にお問い合わせください。

月之輪湧泉について

月之輪涌泉(つきのわゆうせん)は、明治41年に岐阜県多治見市で生まれました。多治見は盃や茶器の制作が盛んな陶都。月之輪涌泉の生家も祖父の代からの陶芸の家でした。涌泉は大正12年に地元の岐阜県立窯業学校を卒業し、損後は京都で清水焼の工房に入ります。陶画の技術を磨きつつ、昭和2年には人間国宝の石黒宗麿に弟子入りし、陶芸全般を学びました。昭和6年からは絵の腕前をさらにあげるため、京友禅の職人として働きます。しかし戦時中は徴用で北海道へ渡り、終戦後は病を養う生活に。
月之輪涌泉が本格的に盆栽鉢の制作に入ったのは、体調がよくなってきた昭和36年ごろからです。趣味の盆栽から、次第に自分用の盆栽鉢を作り始めたのがきっかけ。以後、昭和50年ごろまで制作にたずさわり、とくに昭和41年から2年かけて制作した広重の東海道五十三次、鳥獣戯画の組物などが高く評価されています。もともと陶画の技術があり、絵付師としての腕がある上に、陶芸家としてのキャリアがある。日本の絵付小鉢の最高峰と言われ、筆遣いは巧みで流麗です。もとは自作の盆栽に使用する目的で始めた鉢制作ですが、引く手あまたで月之輪涌泉の手元に残った鉢はほとんどありません。とくに絵付鉢は愛好家から人気で、高額で取引されています。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談