植松陶翠 買取

植松陶翠の買取実績

こんなお悩みございませんか?

  • 遺品の古い植松陶翠を処分したい
  • 所有している植松陶翠が幾らくらいで売れるかどうか査定してほしい
  • 亡母が集めていた植松陶翠の買取相場が知りたい
  • コレクションしていた植松陶翠を、まとめて売りたい

ご安心ください!
植松陶翠買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

「こんな質問や相談をしても大丈夫?」と悩む前に、まずはお電話ください。

0120-777-064電話をかける
お問合せ

植松陶翠を高く売る方法

植松陶翠ゆかりの作品を売るときは、
盆栽関係の美術品に詳しい目利き鑑定士に査定を頼みましょう。

高く売る方法

植松陶翠の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

福助
福助
植松陶翠は昭和の初め、戦前に活躍した盆栽鉢プロデューサーです。東京の鉢問屋にうまれ、さまざまな鉢を手広く売買するうちに、各地の窯に盆栽鉢の制作を依頼するようになります。

とくに瀬戸の春松陶園を専属の窯とし、「陶翠鉢」とよばれる名盆器を多数生み出しました。

植松陶翠が手掛けた鉢や、陶翠没後に水野正雄が制作した鉢ともに、現在も買取価格は非常に高額です。売却しようというなら経験豊富な鑑定士に相談しましょう。


作者の署名の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

福助
福助
植松陶翠の盆栽鉢を査定に出す場合は、作品についていた木箱や鑑定書、保証書も一緒につけて出しましょう。陶翠窯は明治時代までさかのぼる歴史を持つ名窯。

作られた作品は多様で、目利き鑑定士でも鑑定額を算出するのに神経を使います。箱に作家の名前が書いてあったり落款が押してあったりすれば、作品の価値が上がるかもしれません。

古い箱や書類は処分せずに、買取業者の無料査定が終わるまでは大事に保管しておきましょう。


評判の良い植松陶翠の買取店数社で見積もりをとって査定額を比較することをオススメ

福助
福助
植松陶翠の盆栽小鉢を売ろうと思うなら、複数の評判がいい買取店で無料鑑定を受けましょう。その後、提示された買取価格をじっくりと見比べて、一番高い価格を出した店に売却すればいいのです。

植松陶翠の鉢は評価が高く、ほとんどの買取店が高価買取をします。とくに植松陶翠の作品が欲しい顧客がいる買取店は相場よりも高額でも買取OKです。

複数の見積もり額を見くらべて、売り手が納得できる店に売りましょう。


信頼できる植松陶翠の買取業者の選び方

植松陶翠の作品を任せられるのは、盆器の無料鑑定をしていて、
これまでに陶翠作品を買取した業者です。

信頼できる買取業者の選び方

査定は無料のお店を選びましょう

福助
福助
今も人気のある陶翠の盆栽器。査定を受けるときは、目利き鑑定士による無料査定を実施している店を選びましょう。

陶翠の作品は盆栽愛好家にとっては高額で売買されるものです。盆栽関連にくわしい鑑定士なら、鑑定料を取らずに高額査定するでしょう。

しかし一般的なリサイクル店に持ち込むと、単なる植木鉢としての査定額にしかなりません。盆栽器を売る時は盆栽にくわしく、正確な無料査定ができる買取店が必要なのです。


植松陶翠の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

福助
福助
植松陶翠の作品は、ヤフオクなどでも驚くような金額で売れます。しかしネットオークションでは正確な査定ができているか不明ですから、できればしっかりした買取業者に査定を依頼しましょう。

ポイントになるのは、これまでの盆栽鉢の買取実績。買取店のホームページで多数の陶翠作品の買取実績を公開している店なら、目利き鑑定士がいますし鑑定額も高いでしょう。安心して所有する陶翠作品を売れる買取店です。



0120-777-064電話をかける
お問合せ

植松陶翠について

植松陶翠(うえまつとうすい)は、明治32年、東京に生まれた盆栽鉢作家です。実家は盆栽鉢の問屋で、国産の鉢や中国製の盆栽鉢を手広く販売。

陶翠自身も作家として鉢を制作するというより才能ある鉢作家を見つけて制作を依頼するスタイルで多数の名器を生み出しました。

とくに愛知県・瀬戸市の品野にあった「春松陶園」の水野春松と弟である水野正雄を深く信頼し、これを専属の窯としました。

植松陶翠はいわばプロデューサー的な立場にあり、鉢のデザインや土の選定・釉薬の組み合わせ方などについての企画を持ち込む係。

そして陶翠のアイディアを実際の盆栽鉢に落とし込み、制作したのが水野春松と正雄の職人兄弟だったわけです。

現在、「陶翠」の名が付いた名盆栽鉢のほとんどは、春松陶園とのコラボで実現したものだといわれています。

陶翠没後は水野正雄が落款を預かり、鉢を制作。そのため「陶翠鉢」と言われるものには2種類あるといわれます。

戦前に植松陶翠が自身で手掛けて制作した一品もの、もしくは春松陶翠とともに世に送り出した作品と、陶翠没後に水野正雄が制作した盆栽鉢です。

どちらも高い評価を得ており、植松陶翠のプロデューサー能力の高さがうかがえます。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談