上村松園の買取

上村松園の買取実績

0120-777-064電話をかける
お問合せ


0120-777-064電話をかける
お問合せ

上村松園について

たおやかで気品ある美人画を描き続けた日本画家

上村松園(うえむらしょうえん)は、明治・大正・昭和期に活躍した日本画家です。

京都の葉茶屋に生まれ、幼少期より絵を描くことを好み、12歳で京都府画学校に入学しますが、翌年に退学して日本画家の鈴木松年の弟子になりました。四条派の画法を学び、15歳で第3回内国勧業博覧会に「四季美人図」を出品。

これがイギリスの皇太子コンノート殿下が購入することになり、一躍、有名になりました。のちに幸野楳嶺(こうのばいれい)の弟子になり、次いで竹内栖鳳(たけうちせいほう)に師事しました。

第四回内国勧業博覧会に出品した「清少納言」 (北野美術館が所蔵)やパリ万国博覧会入賞作の「母子」などの傑作を生みだし、以後は文展に出品した作品が次々に入賞を重ねます。1944年(昭和19年)に帝室技芸員に任命され、女性として初めて文化勲章を受章しました。

上村松園の作風は格調高く、気品に満ちたものです。作品に描かれた女性は、りんとした存在感をはなち、ただ美しいだけではない強さを表現しています。当時、東京で美人画の代表的な画家だった鏑木清方は、上村松園の作品を目標とし、裏返して見たいというほど絶賛しました。

女性の美しさと強さを描き続けた上村松園には国内外のファンが多く、骨董市場においても非常に高い評価を得ている画家です。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談