雲色堂(和田美之助)の鉄瓶買取

雲色堂(和田美之助)の買取相場

品名 買取相場
雲色堂 和田美之助 銀摘三日月鳥貼付銀象嵌丸形鉄瓶 共箱 875,000円
雲色堂 和田美之助 菊花平丸形白肌鉄瓶 共箱 560,000円
雲色堂 和田美之助 銀製老梅花図象嵌 達磨形鉄瓶 共箱 570,000円
雲色堂 和田美之助 替蓋付 白肌宝珠形鉄瓶 共箱 389,000円
雲色堂 和田美之助 平圓形鉄瓶 岩肌地紋 共箱 330,000円
雲色堂 和田美之助造 鉄瓶 古鏡地紋 繰口 茶筅形 324,000円
雲色堂 和田美之助 寶珠形 鉄瓶 共箱 300,000円
雲色堂 和田美之助 長閑形 竹雀銀銅象嵌細工鉄瓶 300,000円

雲色堂(和田美之助)の鉄瓶買取価格

*掲載価格は実際の買取価格を保証するものではありません。
品物の状態や市場相場により価格が変動いたしますので予めご了承ください。

こんなお悩みございませんか?

  • 雲色堂(和田美之助)の買取相場を知りたい
  • 雲色堂(和田美之助)の作品だと思われる鉄瓶を査定してほしい
  • 雲色堂(和田美之助)の銘が入った古い鉄瓶が本物かどうか鑑定してほしい
  • コレクションしていた象嵌入りの雲色堂(和田美之助)鉄瓶を、まとめて売りたい

ご安心ください!
雲色堂(和田美之助)作品買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

雲色堂(和田美之助)を高く売る方法|買取のポイントは?

雲色堂(和田美之助)の鉄瓶を高く売るなら、
茶道具について良く知る目利き鑑定士に鑑定を依頼しましょう。

  • 雲色堂(和田美之助)の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

    価値がわかる目利きに鑑定を依頼

    雲色堂(和田美之助)は京都で、江戸時代から続く鋳造の家柄です。初代から9代目まではおもに寺社の釣鐘を作っていましたが、10代目から茶の湯の釜、鉄瓶を手掛けるようになりました。

    名人と呼ばれた「雨宮金寿堂」に鉄瓶を学び、金銀象嵌で模様を作り出す華やかな作風が特徴です。10代目以降から「雲色堂」と名乗り、作品には銘も入っています。

    国内外で非常に人気のある鉄瓶ですから、売却するときは茶道具に詳しいベテラン鑑定士に査定をしてもらいましょう。

  • 作者の署名、花押の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

    箱や鑑定書など付属品と一緒に査定

    京都鉄瓶の有名作家、雲色堂。作品によっては高価買取を狙えるものがありますから、買取業者の無料査定時には、箱や書類など付属しているものはすべて一緒に出しましょう。

    江戸時代からつづく和田美之助の家系は、10代目から雲色堂を名も使っています。10~13代目までは全員が雲色堂・和田美之助ですから、鉄瓶の銘を見ただけでは誰の作かわからないこともあるのです。

    箱に署名や押印がしてある「共箱」や鑑定書があると制作年が特定しやすく、鑑定額が上がる可能性も高いです。古い箱でも処分しないで保管しておきましょう。

  • 評判の良い雲色堂(和田美之助)の買取店数社で見積もりをとって査定額を比較しましょう

    相見積もりを取って査定額を比較

    古い京鉄瓶は、人気が高まっている骨董品です。とくに雲色堂(和田美之助)の鉄瓶には、胴に金銀の象嵌がほどこしてあり、買取価格も高額。売却をお考えなら、複数の評判がいい買取店に見積もりを依頼して、実際の査定額を見比べてから、売り先を考えましょう。

    雲色堂の鉄瓶は海外でも人気があり、古い鉄瓶の中でも高額査定されやすい品物です。損のない売却ができるよう、複数の店から見積もりを取って、時間をかけて比較、売却先を決定すべきなのです。

雲色堂(和田美之助)の買取業者の選び方

雲色堂(和田美之助)の鉄瓶売却では、
過去に多数の京鉄瓶を査定、買取している業者を選びましょう。

  • 査定は無料のお店を選びましょう

    査定は無料のお店を選びましょう

    高額査定になる骨董品、美術品を売るときは、まず経験豊富な買取店で無料査定を受けましょう。とくに、初めて美術品を売却する場合は、無料査定で買取相場を知り、そこから売却を真剣に考えても遅くはありません。

    良心的な買取業者は査定でお金をもらいませんし、査定後に買取価格で折り合わない場合、売却を要求することもありません。

    逆に、査定後に高額な「査定料」や自宅での出張査定なら「出張費」を請求するのは悪質な買取業者です。査定にかかるコストは事前に確認を。

  • 雲色堂(和田美之助)の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

    買取実績が豊富な業者に依頼

    雲色堂(和田美之助)の古い鉄瓶のなかには、20万円以上で買取されるものもあります。無料鑑定を依頼したい、買取を頼みたいと思うなら、過去に多数の鉄瓶を買取してきた業者を探しましょう。

    鉄瓶の中には、錆がついて一見すると売り物にならないものもあります。しかし目利き鑑定士にかかれば真贋判定ができ、高価買取も可能です。

    買取店の買取実績は、ホームページに掲載されていますので、査定依頼の前に必ず確認しましょう。

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

雲色堂(和田美之助)について

和田美之助(わだ みのすけ)は、京都の鋳造家です。江戸時代からの古い家で、代々の当主が美之助を襲名。現在まで13代が続いています。初代は京都三条釜座で茶道の釜や釣鐘を鋳造していました。釜座の座衆取締などをつとめ、京都の鋳造業界をけん引。見事な技術から「天下一釜師」の号を拝受したと言われています。3代以降は主に有名社寺から釣鐘を受注し、大徳寺や本能寺、妙心寺、建仁寺、黄檗山万福寺など名だたる寺院に釣鐘や像を多数おさめました。いまも銘いりの釣鐘が残されています。
和田家に転機が訪れたのは、10代目になってからです。10代目は有名な鉄瓶作家の「雨宮金寿堂」に弟子入り。釣鐘以外にも雨宮金寿堂ゆずりの繊細で美しい鉄瓶、釜を作り始めます。時代はちょうど幕末を経た明治初期のころで、日本の工芸界では技術の粋をこらした逸品が数多くつくられていました。名品は海外の博覧会に出品されて高い評価を得ており、華麗な京鉄瓶が大いに栄えた時期なのです。
10代目からは名乗りに「雲色堂」を使うようになり、茶の湯釜、鉄瓶で広く知られました。以後11、12代と続いて、現在は13代目が技術を受け継ぎ、京鉄瓶の新しい世界を切り開いています。13代目は平成21年に「雲色堂(和田美之助)」を襲名し、茶道具の鉄瓶制作に加えて、京都の工芸技術の継承にも熱心です。古い釜、鉄瓶の研究や技術の再現に力を注ぎ、鉄瓶界では非常に人気の高い作家のひとりです

雲色堂(和田美之助)の作風

雲色堂(和田美之助)の鉄瓶は、華麗な金銀象嵌が特徴です。鉄瓶の胴はもちろん、作品によっては持ち手にまで細工をしてあり、繊細かつ豪華な作品が多数見られます。京鉄瓶の特徴である、茶の湯釜に弦と注ぎ口をつけたような姿のものが多く、そのまま茶道の簡単なお手前に使えるものが多い点も特徴。端正な姿に華麗な金銀象嵌が映える、京鉄瓶らしい作風が目を引きます。

雲色堂(和田美之助)の略歴

人物 略歴
初代 和田信濃大掾藤原国次
京都三条釜座に住み、釜の店衆取締をつとめる。「天下一釜師」の号を有すると伝わる
2代
(五兵衛)
主に寺社の釣鐘を制作
>寛永13年 智恩院の大釣鐘を鋳造。元禄2年に従五位を受ける
3~8代
(吉兵衛)
釣鐘を制作。大徳寺、本能寺、妙心寺 黄壁山萬福寺、建仁寺、清水寺・奥の院、黒谷金戒光明寺 釈迦銅像など、百数十点をおさめる
10代
(雲色堂)
京鉄瓶の名人、両宮金寿堂に鉄瓶政策を学ぶ。茶の湯釜、鉄瓶を制作。
11代 古い釜、鉄瓶の研究をおこなう
12代 釜、鉄瓶のほか炉釜・風炉釜・風炉・花入・燗鍋・火箸・五徳などを制作
13代 平成21年に襲名。京鉄瓶の復興につとめ、象嵌鉄瓶の再現に力を注ぐ