山県有朋の掛軸買取

山県有朋:富国強兵を推進した奇兵隊出身の偉人

山県有朋(やまがた ありとも 1838-1922年)は、長州藩士、軍人、政治家として幕末から明治を生きた偉人です。

有朋は明治維新後の名前であり、小輔、狂介と名乗っていた時期もあります。

阿武郡川島村(現山口県萩市)に生まれた有朋は、足軽以下という身分でありながら武術で身を立てるという志を強くもち、特に槍術を熱心に学びました。

幼少期から青年期に相次いで肉親を亡くし、また松下村塾に入塾してまもなく師たる吉田松陰が刑死するなど、不遇ともいえる青春を過ごします。

頭角を現したのは高杉晋作が率いる奇兵隊に入隊してからで、戊辰戦争にも参加しています。

奇兵隊は、身分にこだわらず能力の高い者を重用する傾向にあったため、足軽以下の家柄であった有朋にも活躍の機会がありました。

明治維新後は、西郷隆盛の弟である従道(じゅうどう/つぐみち)を伴って渡欧、各国の軍事制度を視察して回りました。

初代内務大臣を務め、内閣総理大臣、枢密院議長など要職を歴任しています。

富国強兵策を推し進めたことから、時代の悪役としてとらえられてきた有朋ですが、近年ではそのイメージは覆っています。

奇兵隊として幕末の混乱を戦い、生き残った有朋は近代兵器の威力、つまり海外の軍事力について熟知していました。

その威力を知っているからこそ、欧米との協調を重要視し、またアジアでの孤立を避けるために立ち回ったのです。

広い視野で日本の立ち位置を理解し、近代日本の礎を創った有朋の自筆の書は、掛軸として現代でも大切にされています。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談