山元春挙の買取

山元春挙:スケールの大きな風景画を得意とした日本画家

山元春挙(やまもとしゅんきょ)は、明治・大正・昭和にかけて活躍した日本画家です。

大津市に生まれ、幼少期より画家を志します。小学校卒業と同時に日本画家の野村文挙の弟子になり、のちに文挙の東京移転にともない、文挙の師である森寛斎(もりかんさい)の門人になりました。京都青年絵画共進会に「呉孟」と「菊に雀」を出品し、1等賞を受賞。

竹内栖鳳(たけうちせいほう)や菊池芳文(きくちほうぶん)とともに、青年絵画懇親会を結成して京都画壇に認められるようになります。

若干20歳の時に京都絵画共進会を作って審査員になり、早苗会を主宰。京都市立美術工芸学校の教諭や京都市立絵画専門学校の教授として後進の育成にあたりました。1917年(大正6年)に帝室技芸員に任命。

山元春挙の特徴と言えば、スケールの大きな風景画です。円山派の伝統的な画法に通暁していた山本春挙は写実性を重要視し、モチーフを実際にカメラにおさめて参考にするということを日本で初めておこないました。

いっぽうで西洋画の遠近法を日本画にと入りいれるなどし、代表作に「法塵一掃(ほうじんいっそう)」や「雪松図(せっしょうず)」「塩原の奥」などがあり、豪快かつ繊細な作風です。

フランス政府よりシュヴァリエ・ドラ・レジョン・ドヌール勲章を授与されるなど、国内外からの評価も高く、今でも高い人気を誇る日本画家です。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談