山名貫義の買取

山名貫義:伝統的な大和絵の保護と隆盛に尽力した画家

山名貫義(やまなつらよし)は、幕末から明治にかけて活躍した大和絵の画家です。
江戸で紀州藩の藩絵師だった山名広政の子として生まれ、父親と住吉派の絵師・住吉弘貫に日本画を学びました。

とくに江戸幕府の御用絵師の流れをくむ住吉派に師事したことで、絵の中に住吉派独特の写実性が加わりました。
維新後はいったん画業から離れて、工部省や内務省、農商務省に勤務していました。
のちに画業に戻り、1879年(明治12年)ごろから古画の模写を嘱託されることになります。

画家としては第一回内国絵画共進会で審査員をつとめ、第二回内国絵画共進会に出品した「藤房奉勅訪楠氏図」が銀賞を受賞するなど、伝統的な大和絵の継承者として評価されました。

さらに文化財の調査・保護に力を入れ、正倉院の調査や全国宝物取調で近畿東北等を調査するなど精力的に活動しました。

1896年(明治29年)に帝室技芸員に任命され、1898年(明治31年)からは東京美術学校教授にも就任。門人に高取稚成、河鍋暁翠、吉川霊華、松岡映丘などがいます。

山名貫義の画風は、正統派大和絵の技法を忠実に守った非常に上品なものです。大和絵最後の大家とも言われ、危機感を持っていた山名貫義は大和絵の復興と古美術の保存に尽力し、時代にみずからの技術を伝えようとしました。

現在では弟子の松岡映丘のほうが知名度が高くなっていますが、作品を見ると大和絵ならではの柔らかさを感じさせるものが多く、年齢層を問わず人気の高い画家です。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談