横尾忠則 買取

横尾忠則の買取・査定実績

こんなお悩みございませんか?

  • 遺品の古い横尾忠則を処分したい
  • 所有している横尾忠則が幾らくらいで売れるかどうか査定してほしい
  • 亡母が集めていた横尾忠則の買取相場が知りたい
  • コレクションしていた横尾忠則を、まとめて売りたい

ご安心ください!
横尾忠則買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

「こんな質問や相談をしても大丈夫?」と悩む前に、まずはお電話ください。

0120-777-064電話をかける
お問合せ

横尾忠則を高く売る方法

横尾忠則の絵画を高く売るには、
現代美術の相場に精通した目利き鑑定士に査定してもらいましょう。

高く売る方法

横尾忠則の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

福助
福助
横尾忠則は国内外で高い評価を受けている画家です。1960年代にイラストレーターとして脚光を浴び、1980年代には本格的な画家として活動。

日本の土俗的なモチーフを斬新なポップアートの手法で表現し、独自の世界を作り上げています。

多作な作家でコラージュやアートポスターなども販売されており、いずれも買取相場は高額。お手元の横尾作品を売却する場合は、現代アートをよく知る目利き業者に相談しましょう。


作家の署名入りの箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

福助
福助
1960年代からアートシーンの最前線にいる横尾忠則。買取業者の査定を受けるなら、作品の入っていた箱や鑑定書、保証書、購入したギャラリーのギャランティカードなども一緒に出しましょう。

オリジナリティあふれる横尾忠則の絵は偽物が作りにくいといわれます。真贋判定は比較的、容易な作家ですが、目利き鑑定士には査定にあたって手に入るだけの情報が必要です。

鑑定額アップのためにも、付属品はすべて出しましょう。


評判の良い横尾忠則の買取店数社で見積もりをとって査定額を比較することをオススメ

福助
福助
横尾忠則のコラージュ、油絵を売却する時は、複数の評判のいい買取店で無料鑑定を受けましょう。

絵画作品は買取店ごとに買取価格が異なり、ギャラリーのつながりや横尾作品を買いたがっている顧客の有無によって価値が変わってきます。

場合によっては買取相場よりも高額で査定することもあるので、実際に見積もりを取るのが大事なのです。人気作家の作品は高額査定が当たり前と思わずに、見積もりを比較してみましょう。


信頼できる横尾忠則の買取業者の選び方

信頼できる買取業者を選ぶには、現代アートの無料鑑定を実施し、
買取実績が豊富かを見ることです。

信頼できる買取業者の選び方

査定は無料のお店を選びましょう

福助
福助
サイケデリックな絵画作品で知られる横尾忠則。売却前には無料鑑定をうけるといいでしょう。

作品の価値や良し悪しを正確に見抜ける目利き買取業者は、鑑定料を取らないことがほとんど。その時点での買取価格を出すための査定ですから、鑑定料はいらないのです。

逆に出張費や法外な鑑定料を請求する業者は悪質。トラブルを招かないように、査定依頼時に「鑑定の費用は?」「出張買取の交通費は?」と確認しましょう。


横尾忠則の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

福助
福助
大変な高価買取になる横尾忠則の作品。売却するなら、横尾作品の買取実績が多い業者を選びましょう。

横尾忠則は非常に多作な作家で、美術市場にも多数の作品がでています。買取実績が多い業者は横尾作品の種類やジャンルに応じて一点ずつ無料査定をしてくれるので安心。

大事な作品をまかせる買取業者は、これまでに現代アート絵画の実績豊富な店に決めましょう。ホームページをみると過去の買取実績が公開されています。



0120-777-064電話をかける
お問合せ

横尾忠則 買取の高価買取なら東京大田区の福助にご依頼ください。

鑑定歴20年以上の確かな実績で相場を熟知した鑑定士が、お客様の大切な横尾忠則 買取の価値を査定いたします。

福助では、幅広いジャンルの美術骨董品の買取・査定が可能です。作家や価値の分からない作品の査定や、不要な絵画・掛軸などの処分・売却をお考えなら、無料の出張・宅配買取にも対応しておりますのでお気軽にお問い合わせください。

横尾忠則について

横尾忠則(よこおただのり)は日本の画家、イラストレーターです。1936年に兵庫県に生まれ、高校卒業後に神戸新聞社でグラフィックデザイナーとして働き始めます。1960年に上京し、舞台芸術のポスターなどを制作してイラストレーターとして脚光を浴びました。1969年にはパリ青年ビエンナーレ版画部門大賞を受賞、1972年にはニューヨーク近代美術館で個展を開催するなど着実に成果を上げていきます。横尾忠則にとって転機になったのが1980年ニューヨーク近代美術館で開催されたピカソ展です。作品を見て衝撃を受けた横尾は「画家宣言」をし、従来のデザイナーやイラストレーターとしての仕事以上に本格的な画家としての仕事を始めました。
横尾忠則がモチーフとするのは洞窟や滝などのランドスケープ、都心のY字路をあつかったシリーズやミュージシャンの肖像画などです。雑誌の表紙も数多く手がけ、ミュージシャンのアルバムジャケットもデザインしています。柔軟な感覚でさまざまなジャンルで業績を上げている多作な作家です。現在も第一線の画家として活躍を続ける横尾忠則。2012年には兵庫県神戸市に「横尾忠則現代美術館」が、2013年には香川県豊島に「豊島横尾館」が開館し、画家としての評価は高くなるばかりです。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談